スポンサーリンク

「資金調達」と「融資」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「資金調達」と「融資」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「資金調達」「融資」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「資金調達」とは?

「資金調達」「しきんちょうたつ」と読みます。

意味は「企業が経営に必要な資金を、外部から得ること」です。

「資金調達」の方法としては、株式や社債を発行して、一般投資家から資金を提供して貰う方法と、銀行などの金融機関からお金を借りる方法などがあります。

最近では「クラウドファンディング」や資産の流動化など、負債に当たらないものもあります。

また、日常的にお小遣いが足りない時に比喩的に使われることもあり、キャッシングしたり、人からお金を借りるなどの行為も表します。

「融資」とは?

「融資」「ゆうし」と読みます。

意味は、「個人や企業に対して、銀行などの金融機関がお金を貸すこと」です。

個人や企業が、事業の立ち上げや運営に必要なまとまった資金を、銀行にお願いして借りることを言います。

「融資」は借金であり、返済する義務があります。

また、「融資」を受けられるかどうかには厳しい審査があり、落ちることもあるのです。

「資金調達」と「融資」の違い!

「資金調達」「企業が経営に必要な資金を、外部から得ること」です。

「融資」「個人や企業に対して、銀行などの金融機関がお金を貸すこと」です。

まとめ

今回は「資金調達」「融資」の違いをお伝えしました。

「資金調達は外部から資金を得ることの総称」「融資は金融機関からお金を借りること」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典