スポンサーリンク

「贅沢品」と「必需品」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「贅沢品」と「必需品」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

消費税の軽減税率適用で注目を集めたのが「贅沢品」「必需品」です。

軽減税率の対象になるかどうかその基準について論議が起きたのは記憶に新しいところですが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、「贅沢品」「必需品」の違いについて解説します。

スポンサーリンク

「贅沢品」とは?

「贅沢品」とは「無くても生活に支障はないが、あると嬉しく幸せが感じられる物品」を指す言葉です。

「贅沢品」の贅沢には「普通を超えた浪費」という意味があります。

一般的には収入や身分に相応しくないお金の使い方や消費を指す言葉であり、「贅沢品」とはそのような過分に豪華な物品を意味します。

経済学的には「贅沢品」「一般的な生活を贈るために必要とされる標準的な水準を超える物品」を意味します。

生命の維持や最低限度の文化的な生活の維持に必要な物品以外の高価な物品が「贅沢品」に当たります。

食べ物や衣類などは生活に不可欠な品ですが高級食材や高級ブランドの衣服などは必ずしも生活に必要ではありません。

そのような標準的な水準を超える物品は「贅沢品」として扱われます。

「贅沢品」の使い方

・贅沢品には高い税率が適用される。

・緊急時なので贅沢品の扱いが後回しにされるのは仕方がない。

・生活を豊かにするための贅沢品には十分な意義がある。

・制裁措置により贅沢品の輸出が禁止された。

「必需品」とは?

「必需品」とは「ある活動をするために欠かせない必要不可欠な物品」を指します。

生命の維持や文化的な活動など人として当たり前の生活をおくるための物品を特に生活必需品」といいますが、あらゆる活動において必需品は存在します。

キャンプにおけるナイフやロープ、テントなどはアウトドアの「必需品」です。

美容師にとって商売道具であるハサミはまさに「必需品」そのものです。

軍隊には燃料や弾薬が活動に欠かせない「必需品」となります。

目的は違ってもそれぞれの場面で必要な物は全て「必需品」と言われます。

それがないと活動ができない、目的達成が困難になるような物品が「必需品」であり、供給が途絶えるようなことがあれば活動そのものが立ちゆかなくなります。

「必需品」の使い方

・日本人の食生活に米は必需品である。

・生活必需品には軽減税率が適用される。

・スマートフォンは現代社会の必需品と言っても過言ではない。

・人道的支援のために必需品が送られた。

「贅沢品」と「必需品」の違い

「贅沢品」「必需品」の違いは必要性です。

「贅沢品」は必ずしも必要ではないがあったほうがいいものを指すのに対し「必需品」はないと困る絶対に必要なものを指します。

経済学的には「必需品」以外の物品はほぼすべて「贅沢品」に分類されますが、実際の社会では「贅沢品」「必需品」のふたつで区分されることは少なくふたつの間に標準的な物品が存在します。

例えばブランド米と標準価格米の間には手頃な価格でそこそこ美味しいお値打ちな米があるように全てをふたつに区分するのは現実的ではなく、ある物品が視点や考え方によって「贅沢品」「必需品」どちらにも判断できるケースはよくあります。

まとめ

「贅沢品」「必需品」はわかっているようで勘違いしている人も多い言葉です。

税金などお金にも関わってくることなので性格な意味を知っておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典