「赤い卵(赤玉)」と「白い卵(白玉)」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「赤い卵(赤玉)」と「白い卵(白玉)」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「赤い卵(赤玉)」「白い卵(白玉)」の違いを分かりやすく説明していきます。

「赤い卵(赤玉)」とは?

「赤い卵(赤玉)」とは、「茶色の羽を持つ鶏が産んだ卵」のことです。

外敵に卵が見つかりにくいように卵の色は適応的に変化するため、「暗い場所で過ごした時間が長い茶色の親鶏」の卵ほど「濃い茶色」になる傾向があります。

「赤い卵(赤玉)」「白い卵(白玉)」の栄養価は同じですが、赤玉のほうが値段が高いことが多いのは、「茶色の鶏のほうが食べる餌の量が多く生産コストが高い」ためです。

「白い卵(白玉)」とは?

「白い卵(白玉)」とは、「白色の羽を持つ鶏が産んだ卵」のことです。

「明るい場所で過ごした時間が長い白色の親鶏」の卵ほど、「明るい白色」になる傾向があります。

また親鶏の年齢が若いほど、「白い卵(白玉)」のツヤ・光沢は良くなります。

「赤い卵(赤玉)」と「白い卵(白玉)」の違い!

「赤い卵(赤玉)」「白い卵(白玉)」の違いを、分かりやすく解説します。

「赤い卵(赤玉)」「白い卵(白玉)」は、一般的に「赤い卵(赤玉)」のほうが「白い卵(白玉)」よりも栄養価が高いから高価という誤解がありますが、実際にはこの二つの卵の「栄養価は同じ」です。

「赤い卵(赤玉)」「白い卵(白玉)」の最大の違いは、「卵を産む親鶏の羽の色の違い」です。

「赤い卵(赤玉)」とは「茶色の羽を持つ親鶏が産んだ卵・暗い場所で過ごした時間が長い親鶏が産んだ卵」であり、「白い卵(白玉)」のほうは「白色の羽を持つ親鶏が産んだ卵・明るい場所で過ごした時間が長い親鶏が産んだ卵」であるという違いを上げることができます。

さらに「赤い卵(赤玉)」でも「白い卵(白玉)」でも、「若い親鶏が産んだ卵」のほうが色のツヤ・光沢が良くなります。

まとめ

「赤い卵(赤玉)」「白い卵(白玉)」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「赤い卵(赤玉)」とは「茶色の羽を持つ鶏が産んだ卵(暗い場所で過ごす時間が長い鶏ほど濃い茶色になる)」を意味していて、「白い卵(白玉)」「白色の羽を持つ鶏が産んだ卵」を意味している違いがあります。

「赤い卵(赤玉)」「白い卵(白玉)」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典