「赤ん坊」と「乳児」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「赤ん坊」と「乳児」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「赤ん坊」「乳児」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「赤ん坊」とは?

「赤ん坊」の意味と使い方について紹介します。

「赤ん坊」の意味

「赤ん坊」「あかんぼう」と読みます。

意味は、「生まれたて間もない子供」「世間知らずで子供っぽい人のこと」です。

「赤ん坊」の使い方

「赤ん坊」には以下の2つの意味があります。

1つ目は、「生まれて間もない子供」という意味で、特に法律による定義はなく、おおよそ0ヵ月から2歳未満のことを言います。

生れたばかりの子供は皮膚が薄く、興奮した時などは血行が良くなり、全身が赤くなります。

その為に「赤ちゃん」「赤ん坊」と呼ばれる様になりました。

2つ目は「世間知らずで子供っぽい人」という意味で、「まだまだ赤ん坊だな」などと使います。

仕事ができない人というよりは、考え方が甘く先のことを読めない人を表す言葉です。

「乳児」とは?

「乳児」の意味と使い方について紹介します。

「乳児」の意味

「乳児」「にゅうじ」と読みます。

意味は「生後1年頃までの子供、母乳やミルクで育てられ、歩きだすまでの時期の子供」になります。

「乳児」の使い方

「乳児」は、児童福祉法により、「生後1年未満の者」と定義されています。

生れてすぐから満1歳になるまでの子供のことで、「乳児」の中でも更に出生後28日未満の子供は「新生児」と呼ばれます。

生まれてから1年位は、主に母乳やミルクを摂取していることから「乳児」と呼ばれています。

生後5か月頃から離乳食が始まり、少しずつ食事に慣れさせていき、1歳になる頃までに母乳やミルクを終える様になります。

「赤ん坊」と「乳児」の違い!

「赤ん坊」「生まれたて間もない子供」「世間知らずで子供っぽい人のこと」です。

「乳児」「生後1年頃までのの子供、法律では生後1年未満」です。

まとめ

今回は「赤ん坊」「乳児」の違いをお伝えしました。

「赤ん坊は2歳未満位まで」「乳児は1歳位まで」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典