スポンサーリンク

「赤伝処理」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「赤伝処理」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「赤伝処理」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「赤伝処理」の意味

既に処理済みの伝票を取り消す処理

「赤伝処理」の解説

「赤伝処理」「あかでんしょり」と読みます。

意味は、「既に処理済みの伝票を取り消す処理のこと」です。

経理で、一度伝票を起票して帳簿に付けたり、現在では経理システムにインプットした数字を、取り消す処理のことを言います。

例えば「間違って二重計上した」「仕入れたものを返品した」「入金があった」などの場合に処理する伝票を「赤伝」と言うのです。

本来は「入金伝票」ですが、ビジネススラングとして「赤伝処理」と使われています。

因みに、「出金伝票」「青伝」「振替伝票」「黒伝」になります。

「赤伝処理」の使われ方

「赤伝処理」は、会社で経理処理する時に使われます。

経理部門で「赤伝処理お願いします」「赤伝処理済みです」などと使います。

仕訳する時には貸借が発生するのですが、便宜上「赤伝」と使われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典