スポンサーリンク

「身分相応の暮らし」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「身分相応の暮らし」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「身分相応の暮らし」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「身分相応の暮らし」とは?意味

身分相応の暮らし」とは、「身分にあった生活・暮らしぶり」を意味する言葉です。

「身分」とは、元々は封建的社会における上下の序列を意味していましたが、現代では集団・組織内における、その人の地位等を表現する言葉として使われています。

また「相応」とは、ふさわしいと言う意味の言葉です。

従って「身分相応の暮らし」とは、「自分の組織内等での地位にふさわしい生活・暮らし」と言う意味になります。

「身分相応の暮らし」の概要

前項で「身分相応の暮らし」とは、「自分の組織内等での地位にふさわしい生活・暮らし」と言う意味だと説明しました。

「自分の組織内等での地位」とは会社における部長や課長と言った役職や、町の名誉職を担っている家柄等を意味しますが、これは収入の多い少ないを表現していると言う側面が強いと言えます。

一般的に、会社内では平社員よりも課長や部長の方が収入は多いですし、町で皆から名誉職に担がれる様な家柄の人は一般的に多くの資産を持っている事が多いからです。

従って極端に言えば、「身分相応の暮らし」とは「自分の収入に見合った生活・暮らし」と言い換える事が出来ます。

収入が多くはないのに、車が好きだからと高級車に乗っていたり、借金をして高級ブランド品を買い集める様な生活ぶりは、「身分相応の暮らし」とは言えません。

収入に見合った堅実な生活・暮らしぶりが、「身分相応の暮らし」と言えます。

先の例の様に、高級車が不釣り合いな身分と周囲から見られるのが悔しいなら、高級車を乗り回していても、それが「身分相応の暮らし」だと思われるように、頑張って収入アップを図るべきと言えます。

「身分相応の暮らし」の言葉の使い方や使われ方

「身分相応の暮らし」は『彼は見栄を張る事無く、身分相応の暮らしを堅実にしている。』や『周囲からは身分相応の暮らしをすべきと言われるのは、食・住を削って衣服にお金を掛けている事で誤解されている為です。』の様に使います。

「身分相応の暮らし」の類語や言いかえ

「身分相応」の類語や言い換えとしては、「身のほどをわきまえた」「立場に見合った」「分相応」「立場をわきまえた」が挙げられます。

従って、ここに「暮らし」をつけ足して、「身のほどをわきまえた暮らし」「立場に見合った暮らし」「分相応の暮らし」「立場をわきまえた暮らし」と言い換える事が出来ます。

まとめ

「身分相応の暮らし」とは、「自分の組織内等での地位にふさわしい生活・暮らし」と言う意味です。

一般的に組織内での地位が高いほど収入が多いことから、「身分相応」の言葉には「収入に見合った」と言う意味が強く含まれています。

従って極端に言えば、「身分相応の暮らし」とは「自分の収入に見合った生活・暮らし」と言い換える事が出来ます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典