スポンサーリンク

「軽率な発言」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「軽率な発言」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「軽率な発言」とはどんな意味で使われる言葉なのでしょうか。

今回は、「軽率な発言」の意味と類語について解説します。

スポンサーリンク

「軽率な発言」とは?意味

「軽率な発言」とは、「深く考えることなく話された問題のある内容を含んだ話」を意味する言葉です。

「軽率な発言」の概要

「軽率な発言」「軽率」には「物事を深く考えずに行う」という意味があります。

本来であればもっと「じっくりしっかり考えて慎重に判断すべき物事を考えなしにやってしまう行為」「軽率」です。

慎重さがなく行われてしまう行為を指す言葉で通常はネガティブな意味合いで使われます。

そういう行為をしてほしくない、やってはいけない行為を深く考えずに行うことに対して「軽率」という表現を使い、好ましい行動ややったほうがいいふるまいに対しては通常使いません。

「軽率な発言」「発言」とは「口から発せられた言葉」を意味します。

一般的には話しそのものや離した内容の一部を指す意味で使われ、話者とは独立して話の内容をとりあげる際に用いる表現です。

「軽率な発言」とは「深く考えずに話された話」という意味になります。

「軽率」はネガティブな行動に対して用いられる表現であり話の内容は好ましくないものなので、より正確には「深く考えることなく話された好ましくない話」というのが「軽率な発言」の意味合いです。

「軽率な発言」の言葉の使い方や使われ方

・『大臣の軽率な発言の影響で株価が急落してしまった』
・『軽率な発言があったことをお詫びします』
・『軽率な発言を繰り返す彼が信用されないのは当然だ』
・『軽率な発言が人間関係に決定的なヒビを入れてしまうのはよくあることだ』

「軽率な発言」の類語や言いかえ

・口を滑らせる
「言うべきではない話をついうっかり話してしまうこと」という意味の言葉です。

本来は腹の中にとどめておくべき話がつるりと口から滑りでてしまうという表現で勢い余って話してしまうような場合を指します。

「軽率な発言」が深く考えることなく話してしまう意識の低さを表すのに対し、こちらは言ってはいけないという自覚がありながら話の勢いやその場の雰囲気に流されて話してしまう様子を表します。

・軽はずみな発言
「考えなしに話してしまうこと」を意味する言葉です。

「軽率な発言」とはほとんど同じ意味でそのまま置き換えても意味が通じます。

・不謹慎な発言
「眉をひそめられるようなふさわしくない話をしてしまうこと」を意味する言葉です。

言ってはいけない内容を話してしまう点が「軽率な発言」と共通していますが「軽率な発言」がよく考えて検討すべき内容を発言してしまうのに対し、こちらは倫理観や道徳観で基づいて判断したときにふさわしくない発言をしてしまうことを指します。

・不適切な発言
「適切ではない内容を話すこと」を意味する言葉です。

適切かそうでないかはTPOによって変わりますがこの場合の不適切とは「世間一般の常識に照らし合わせて適切ではないこと」を意味します。

適切かどうかは考えて判断すべきことなので「考えなしに話すこと」を意味する「軽率な発言」とは親しい意味合いです。

まとめ

「軽率な発言」は日常でもよく使われる言葉です。

やるべきではない慎むべき行動なのでそのような振る舞いをすることのないよう注意しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典