「進取の気性」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「進取の気性」

人の数と同じ数だけ、様々な気性を持った人が存在しますが、そんな中でも特に目立つ存在となるのが、進取の気性を持つ人です。

進取の気性と書いて、しんしゅのきしょうと読みます。

進取の気性といっても、あまり馴染みがない方もいるようですが、進んで何かを取って(掴んでいく)気性を持ったタイプの人の事を指します。

「進取の気性」の意味

進取の気性とは、従来の習わしに捕らわれる事なく、自由な発想で自ら積極的に新しい物事へ取り組んでいく気質を持った人の事を表します。

最近ではインターネットの普及によって、簡単に世界へと情報を発信したり、繋がっていける便利なツールが整っているので、有名人でなくても、一般人でもインフルエンサーとなって周りに大きな影響力を与えていく事も可能です。

まだ誰もチャレンジした事がない新しい取り組みをしよう、といった心がけを持つ事によって、新しい製品やサービス、文化、芸術作品を次々に生み出していく事ができるのです。

「進取の気性」の言葉の使い方

新種の気性という表現は、他の人が思いつかないような、何か素晴らしい発想ができる、斬新なアイデアに富んでいるといったニュアンスを含むので、進取の気性の後に富むといった言葉をつなげて表現する場合が多いです。

「進取の気性」を使った例文・短文(解釈)

ここでは「進取の気性」という言葉を使った例文をいくつか紹介します。

「進取の気性」の例文1

「進取の気性に富んだ人材を製品開発部へ配置すれば、きっと他社が思いつかなかったような素晴らしい製品を開発していってくれる事であろう」

企業が新しい製品を開発して儲けるためには、未だかって誰も思いつかなかったような、新しい、珍しい、奇抜な、面白い発想の製品を開発する事が大切です。

そんな時に、従来の考え方に一切捕らわれずに、新しい発想を展開しながら、新製品を開発していく開拓者のようなタイプの人材が必要となってきます。

進取の気性に富んだ人材を製品解発部に配置する事によって、今までにない素晴らしい製品を開発していける事が期待されるのです。

「進取の気性」の例文2

「彼をどこに配置しても、進取の気性を発揮して、リーダーシップを執る事ができる」

彼は、いつも考え方をニュートラルな状態にしながら、新しい発想によって自ら道を切り開いていく力を備えているから、どこの部署に配置しても、その進取の気性が発揮されて、周りを巻き込みながらリーダーシップを執っていく力を備えています。

こういった素晴らしい人材がいるだけで、会社はどんどん成長していけます。

進取の気性を備えている人材は、大企業などでは、執行役員として活躍している人も多いようです。

「進取の気性」の例文3

「代々受け継いできた進取の気性のおかげで、常に新しい物を生み出す事ができるから、仕事には困らない人生を送っている」

従来のしがらみに捕らわれない、時代を先取りする進取の気性を先祖代々から受け継いできたおかげで、急激な時代の変化や経済の成長にも後れを取る事はありません。

そのおかげで常にトップを走り続けながら、時代を先取りしてビジネスを展開していけるから、仕事がないと困る事はないのです。

こういった進取の気性というものは、いつも側にいる家族の考え方や生き方を子孫がお手本にして真似していく事によって、自然に備わっていく場合も多いようです。

「進取の気性」の例文4

「進取の気性を備えた営業マンのおかげで、都市開発もスムーズに進んでいる」

進取の気性を備えた営業マンがいるおかげで、都市開発の情報も早く入ってくるようになったおかげで、儲ける土地の売買や建設の商談にありつけるようになりました。

従来の営業スタイルに捕らわれない斬新的なサービスによって、耳寄りな情報も瞬時に掴む事ができるようになったから、他社よりも先に都市開発の企画に乗る事ができるようになったといった意味を含んでいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典