スポンサーリンク

「遂行」と「推進」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「遂行」と「推進」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「遂行」「推進」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「遂行」とは?

「遂行」とは、任務や仕事などをやりとげることを表す単語です。

「遂行」の使い方

「遂」(すい)という言葉のみにも、物事を「なしおおせる」「とげる」(「遂げる」と漢字で書きます)や、「ついに」「結果」といった意味があります。

「遂行」は、「行う」といった意味合いが二つ重なった言葉ですから、何事かを成し遂げた時に使用します。

他者から与えられた仕事や任務について用いる傾向が多いです。

「推進」とは?

「推進」とは、物事を推し進めること、スムーズに進むよう行動・啓発をしたり、努力することを表す単語です。

「推進」の使い方

「推進」を使う場面は、取り組んでいる最中の物事に対してが多いです。

計画の進行が芳しくない時、もっとスピードを上げたい時や、新しい試みを広めたいときに使用します。

「推」には、「力を加えて物事を前方へ進める」という意味や、「考える」という意味があります。

「推進」は進めるという意味が二つ重なった言葉ですので、何かを強く進めるための場面で使います。

自発的な行動に対して使用する場面のほうが多い言葉です。

「遂行」と「推進」の違い

「遂行」「推進」は音の響きこそ似ていますが、その意味合いは大きく異なります。

「遂行」は物事を終わらせた、という意味です。

対する「推進」は、物事を推し進めている、という意味です。

終了しているか、進行しているのかという点に違いがあります。

また、使用できるタイミングについても違いがあります。

「遂行」は、既に終了した事柄にのみ使用します。

「遂」「結果」を表現する単語ですから、それを含んだ「遂行」も、物事を実行したという結果について表現しています。

「計画を遂行中」という言い方を目にすることもありますが、本来は「進行中」といしたほうが良い場面です。

それに対して「推進」は、進行中の計画にも使用することができます。

また、「推進を終了する」といった言い回しもケースによっては使用できるため、「遂行」よりも日常生活に登場する頻度の高い言葉であると言えます。

「遂行」の例文

・『今回の任務は無事に遂行することができた』

・『上司から与えられた仕事を遂行した』

・『彼の職務遂行の実績は非常に素晴らしい』

・『軍隊が任務を遂行する』

「推進」の例文

・『ダム誘致計画は推進派のほうが人数が多い』

・『環境保全推進のためにチラシを配ることにした』

・『当院では健康のために、一日一時間のウォーキングを推進しています』

・『その食べ合わせは、あまり推進できない』

まとめ

「遂行」「推進」の違いは、実行終了した事柄について使うか、実行のために信仰している事柄について使うかという点でした。

「遂行」は既に終了している計画・作業を表す言葉ですが、「推進」は実行している最中の計画や作業を、より強く進めるための努力や啓発を表す言葉でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典