スポンサーリンク

「過去の過ち」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「過去の過ち」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、過去の過ちを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

過去の過ちとは?意味

「過去の過ち」【かこのあやまち】とは、懺悔するような出来事を思い出しては後悔する出来事を意味しています。

当時は悪気もなくやっていたことですが、今思い出してみると酷いことをしてしまったと感じては後悔し、できることならその時に戻り、精神的に傷つけてしまった人に謝りたいと強く思う気持ちを言い表す言葉でもあります。

失敗したことや、悪いことをしてしまったとき、その過去の過ちを思い出すたびに苦しい気持ちになったり、つらい気持ちになってしまうほど過去の過ちを引きずる人はどこか前向きな行動ができず、暗い表情である人が多いという特徴が見られるのです。

過去の過ちの概要

罪悪感を持ち続けてしまうほど悪いことをしてしまった人は、その許されない過去の過ちが頭から離れず、いつまでも引きずってしまうのです。

しかし、もう過去には戻れないだけに、言葉や行動で傷つけてしまった人に謝ることはできませんし、やり直すこともできません。

悪い行いを忘れてしまえばいいのですが、たやすく忘れられないほど悪いことをしてしまったとき過去の過ちが自分を襲い、苦しみます。

それほど悪かったと思う過去は心にいつまでも残り、自分の生活を脅かし、心を傷める原因となってしまうことで精神的に苦しく感じる重荷となってしまうのです。

過去の過ちの言葉の使い方

言ってしまった言葉で人を精神的に傷つけてしまったとか、行動で疲れさせたなど、自分がやってしまったことで相手を悲しませてしまった、つらい思いをさせてしまったとき謝れずそのまま現在に至るとき、「過去の過ちで人を酷く傷つけしまった」と反省する気持ちを言い表します。

主に自分が悪いなと思うことを人に対してやってしまったことを思い出しては反省し、懺悔したい過去を思い出すとき使い、心が痛むさまを表現できる言葉です。

過去の過ちが忘れられない人はいつまでもその当時のことを思い出しては落ち込む状態でいる自分の状況を表し、どのようにしたら忘れられるか深刻に考えるなら「過去の過ちから楽になりたい」と自分の気持ちを伝えるために使います。

過去の過ちの例文(使用例)

・あなたは過去の過ちにとらわれているため前向きに生きられないのだ。
・僕は過去の過ちをずっとひきずっているため、苦しくて人生を前向きに楽しめない。
・私は毎週日曜日には教会に行って過去の過ちを告白しては懺悔している。
悪いことをしたと思って生きる人はどこか表情が暗く、行動が鈍いところが見られ、人を遠ざけてしまっています。

過去に言葉や行動で他人を泣かせてしまった人は友達を作れなかったり、恋人とうまく付き合えず、結婚できない人もおり、人生を前向きに楽しめないのです。

そんな過去の過ちで苦しむ人は心のよりどころを見つけ、誰にも言えないことを伝えては少しでも気持ちを楽にしようと懺悔し、いくぶんか気持ちを楽にする人もいます。

まとめ

何歳になっても一度起こしてしまった悪いことは心の中に残り、自分を苦しめる原因となってしまうもの。

そんな悪いと思うことにとらわれて明るい気持ちになれないときは過去の過ちを素直に認めたうえで受け入れて、どうしたら解消できるかを考えることも大事なことです。

どのようにして自分を苦しめているのかよく思い出してみて、うまくその過去の過ちから脱却できるのかよく考えてみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典