スポンサーリンク

「過激」と「極端」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「過激」と「極端」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「過激」「極端」は似たようなニュアンスの言葉ですがその意味は結構違います。

実際過激と「極端」はどう違うのか説明します。

スポンサーリンク

「過激」とは?

「過激」という言葉はその字面からわかるように激し過ぎるという意味の言葉です。

度が過ぎた行動を取ってしまう人等に対して使われる言葉になります。

ですが、「過激」だからといってその度合いが完全に振り切れているとまでは言えないです。

ですが、かなり激しい考えを持ったり激しい行動を取ってしまう人を指す言葉です。

「極端」とは?

「極端」という言葉は完全にどちらかの方向に振り切れた考えを持ったり、行動を取ってしまう時に使われる言葉です。

この言葉の特徴としてあるのが物事の善悪に関係なく使われるというのがあります。

善行を行おうとする時でも「極端」な考えというのがありますし、その逆に悪行を行う場合も「極端」なケースを考える時に使われたりします。

「過激」と「極端」の違い

「過激」と極端の違いは「過激」という言葉が使われるのはかなり危険な考えであったり、かなり危険な行動を取る時等に使われる言葉ですが、「極端」の場合は良い方にも悪い方にもその極限まで振り切れた考えや行動を取ってしまう人に対して使われるという違いがあります。

「過激」はマイナス方向にかなり寄った考えを持ったりする時に使われますが、「極端」はプラスの方向もマイナスの面方向でも完全に振り切れた状態を指す言葉です。

まとめ

「過激」「極端」もあまり良い意味で使われないという意味では共通していますが、実際はその意味合いはかなり違っています。

特に「極端」は本人は善行を行っているつもりでも それが完全に振り切れていると周囲が困惑する事もあるので、「極端」だと揶揄されるといった事もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典