スポンサーリンク

「過酷な環境」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「過酷な環境」意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「過酷な環境」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「過酷な環境」とは?意味

厳しい環境のことです。

過酷には、厳しすぎるさま、ひどすぎるさまという意味があります。

条件や待遇についていう言葉です。

環境とは、生物の周りを取り巻く状況のことです。

家庭・社会・自然など、さまざまな要素をいいます。

これらは生物と相互にかかわりがあります。

こういったことから、「過酷な環境」とは、生物の周囲の状況が厳しすぎるさまという意味になります。

「過酷な環境」の概要

環境は家庭・社会・自然など周囲のさまざまなものを指しているので、家庭環境が厳しい、職場の環境が厳しい、自然環境が厳しいなど、さまざまなことを「過酷な環境」は指していることになります。

家庭のことで考えてみます。

この家庭では児童虐待が行われていました。

叩く、蹴るということはあたり前です。

食事を与えられないこともあります。

このような仕打ちを受けている子供にとって、厳しい環境といえるでしょう。

会社のことで考えてみます。

ある人が勤めている会社は、残業をするのはあたり前、終電を乗り過ごしてしまうことは普通です。

ときには会社に泊まったり、休日に出勤をしたりすることもあります。

ほとんど休むことができず、毎日寝不足です。

すべての会社がこのような状況なのではありません。

他の会社では、残業をせずに帰宅でき、休日がしっかり確保されていることがあります。

それに比べると、休む暇がないような環境は厳しいといえるでしょう。

自然環境のことで考えてみます。

一般的には、夏場に快適に過ごせる温度は25~28℃といわれています。

快適に過ごせる温度を超えた35℃などが毎日のように続くと体力的につらいです。

砂漠では日向の温度が40℃ほどになります。

リビアでは最高気温が58℃という記録がでています。

このような非常に気温の高い状態は、人間が生活をするには厳しいです。

このような厳しい環境を「過酷な環境」といいます。

「過酷な環境」の言葉の使い方や使われ方

厳しい条件の環境を指して使用する言葉です。

家庭・社会・自然など、さまざまな周囲を取り巻く状況についていいます。

厳しいとはどういったものなのか、数値で表すことはできません。

そのため、気温ならこの温度を超えると「過酷な環境」といえる、ということは難しいです。

「過酷な環境」の類語や言いかえ

「峻烈な環境」が似たような意味の言葉です。

峻烈には、非常に厳しく激しいことという意味があります。

妥協を許さないさまをいいます。

「過酷」「峻烈」はやや意味合いが異なり、「過酷な条件」とはいいますが、「峻烈な条件」とはいいません。

そのため、「過酷な環境」が指すものと「峻烈な環境」が指すものがやや違う場合があります。

まとめ

厳しい環境を意味する言葉です。

厳しいものはできるだけ避けたいですが、あえて選択をして挑戦する人もいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典