「適用」と「摘要」の違いとは?分かりやすく徹底解説

スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「適用」とは?

「適用」とは、ある事柄に対して法律・規則などを当てはめて処置を行うことを意味しています。

当てはめて用いることや法律・法令の規定を対象になる事例にそのまま当てはめることなども含んでいるので、日常的に「適用」と言う言葉は耳にすることも多々あるはずです。

意味をしっかり理解しておき、上手に活用するようにしましょう。

「摘要」とは?

「摘要」とは、重要な点をかい摘まむこと・抜き書きなどを意味します。

大切な箇所・重要な箇所の抜き書きすることで、日常的にけっこう活用する言葉です。

やはり重要な箇所は書くことも多いので、よく耳にすることも多々あります。

「摘要」など意味を理解しておくとワンランク上の文章を作成することができます。

「適用」と「摘要」の違い

「適用」「摘要」は、共に「てきよう」と読み、同音異義語になります。

「適用」「摘要」の違いん関しては、「適用」は、ある事柄に対して法律・規則などを当てはめて処置を行うこと、「摘要」は重要な点をかい摘まむこと・抜き書きするので、大きな違いがあるのを分かるでしょう。

この「適用」「摘要」の違いは意外と知らないことも多いので、理解しておきましょう。

「適用」の使用例

「適用」の使用例についてご紹介します。

「バイト禁止の校則は適用されます」

バイト禁止の校則に当てはまるので処置を行われますといった解釈です。

バイト禁止だと校則では決まっているので、その決まりに当てはめて処置を行うことを行っています。

そういう部分を理解した上で読み取るようにしましょう。

「効果的な勉強方法を適用することは大切だ」

効果的な勉強方法に当てはめて処置を行うことは大切ですといった解釈です。

効果的な勉強方法に「適用」することで、かなり満足度が高い勉強方法を見つけることができます。

かなり勉強のレベルアップすることができます。

「摘要」の使用例

「摘要」の使用例についてご紹介します。

「テンプレートを摘要して文章を作成しました」

テンプレートの重要部分を抜き出して文章を作成しましたといった解釈です。

テンプレートの摘要をすることで、かなり文章がスマートな表現になっているなどイメージすることができできます。

「子供割引を摘要することで安くなった」

子供割引の重要部分を抜き出すことで安くなりましたといった解釈です。

子供割引を「摘要」することで、子供の特典など利用することができ、リーズナブルな価格設定になったことを意味します。

「仕事に簡潔な摘要を用いることで解決できました」

仕事に簡素に需要な部分を用いることで、解決することができましたといった解釈です。

仕事は複雑なことを用いると色々とややこしくなりますし、やはり簡素に「摘要」することで、問題をスムーズに解決することができるなど、良好な状態になったことを想定することができます。

「適用」の対義語

「適用」の対義語は「免除」です。

「免除」は義務・役目などを免じることを意味します。

また、「適用」の対義語として「免除」を用いることも多々ありますし、よく「免除」については耳にすることも多いので、ここでは例文と解釈をご紹介します。

活用の仕方など理解しておくことで、ご自身で文章作成する際にもかんりスムーズに用いることができるようになりますし、語彙力アップにつながります。

「支払いは免除になったので、だいぶ安くなった」

支払いの義務が外されたことで、だいぶ安くなったといった意味です。

支払いを逃れたことを意味しているので、これによりかなり満足度が高い支払いの金額になったことを意味していますし、理解することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典