スポンサーリンク

「選択を迫られる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「選択を迫られる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「選択を迫られる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「選択を迫られる」とは?意味

選択とは複数ある選択肢から選びだすことです。

また、迫られるということは、誰かから圧力を掛けられながら行うように強いられることです。

つまり、選択を迫られるとは、どのようにするのか決めるように強要されることを意味しています。

選び出すいくつかのものは選択肢と呼ばれていますが、その選択肢は物であることも人であることも、またその他であることもあります。

どのようなものでも選び出す行為を表す言葉は選択です。

「選択を迫られる」の概要

世の中には優柔不断とされる物事を決める行為を苦手とする人が大勢います。

決めるまでに猶予があれば問題ありませんが、ときには期限が間近ですぐに決めなければならないこともあるわけです。

自分では期限を意識していたとしても、なかなか決断できないこともあるでしょう。

そのような場合に、「早く決めないと他に迷惑が掛かる」とプレッシャーを掛けられてしまいます。

そのような事態が、選択を迫られている状態です。

優柔不断なタイプの他にもかなり慎重なタイプ、責任を負いたくないために敢えて決めない無責任タイプというような人は、度々選択を迫られることでしょう。

判断はとても難しく、特に決断が苦手な人にとって大きなストレスとなることもあります。

「選択を迫られる」の言葉の使い方や使われ方

選択を迫られるという言葉からは、緊迫した状況であることがうかがえます。

もしも、「バニラとチョコレート味のアイスはどちらが食べたいか」というような雑談レベルの選択の場合は、迫られるというよりも訊ねられたというレベルです。

では、どのような場合に選択を迫られるのでしょうか。

例えば、株価が暴落する兆候が見受けられるときにもうしばらく状況を見守るか、それとも株を手放すか。

判断を誤れば、一文無しになる大きなリスクに晒されてしまいます。

そのような場合は速やかに決断しないといけません。

このように、誰かに迫られるのではなく、状況に選択を迫られる場合もあります。

人や状況に関わらず、いずれの場合も差し迫った状況下で選ばなければなりません。

「選択を迫られる」の類語や言いかえ

「難局に立たされている」「難局に突き当たる」という言い方は、選ばなければならないことを非常に難しいと感じる点で似た意味であると言えます。

また、「判断を強いられる」と言いかえることができます。

まとめ

人は何かを迫られる場面では、いつもと異なる精神状態に陥るために通常通りの判断ができなくなってしまうことがあります。

状況が許すなら、平常心で選択すると悔いのない結果が得られる確率がアップします。

もしも早急に選択を迫られる事態に直面した場合には、「正しい選択をしなくては」と自らプレッシャーを掛けるのではなく、まずは落ち着くことが大切。

後悔しないためにも、深呼吸してから選びましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典