スポンサーリンク

「配意」や「留意」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「配意」や「留意」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「配慮」「留意」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「配慮」とは?

「配慮」は、他者や他の事柄に対して気を配ることです。

気を配るというのは、他者や事柄について細心の注意を払い、他者を傷つけたりしないよう気を配ることです。

なお、気を配る行為自体については、相手の方が不快に感じたり、悲しんだりマイナスの感情を持たないように執り行う行為であるため、相手が不満を感じた場合、「配慮」欠ける行為であるとなりますので、「配慮」という行為は成立しなくなります。

「配慮」の使い方

「配慮」は他者を思いやる場合と、あえて他者を傷つけたり気を配らないことも実は表現することが可能で、その場合は、「配慮に欠けた」とすれば他者に気を配らなかったとします。

「留意」とは?

「留意」は、事前に相手や物事に対して細心の注意を払うべく部分のみ重点を置いて問題に対処することです。

つまり、他者においては、他者が言われると不快に思うことのみに着目し、それだけをマイナスと相手に取られなければ相手は憤慨しないであると踏んで行動することを「留意」と呼びます。

「留意」の使い方

「留意」「留意事項」という取り決めを決めておくことで相手はそれを口にしたり、行動に表さない限り憤慨しないであろうと踏み行動する場合の約束事を定める場合に使用します。

例えば、第3者の方にハゲということを禁止する場合、ハゲということを連想することすら許されないと「留意」で取り決めておけばおそらく相手はハゲと言われない限り、第3者は憤慨しないと考えます。

ですが、実際には、悪口を言えば相手は憤慨することもありますので「留意」はあくまで言ってはいけない注意事項のみを注目します。

「配慮」と「留意」の違い

配慮」と「留意」の違いは、相手に対して払うべく注意が異なります。

「配慮」は傷つけたり憤慨しないことを条件に細心の注意を払うことですが、「留意」は特定の行動や発言で相手を怒らせたり、傷つけないことのみを条件としているため、言ってしまえば、絶対に言ってはいけないこと以外で別に相手を傷つけることは良しとしています。

ですので、両者の違いは絶対に相手を怒らせたり、傷つけないか別に傷つけたり怒らせてもよいと考えるかどうかです。

まとめ

「配慮」「留意」の違いは、相手を傷つけたり、憤慨させることを良しとしているかそうではないかです。

実は、「配慮」は相手を怒らせることと傷つけることを良しとしてらず、「配慮」が成立しなかった場合、配慮に欠くとなりますが「留意」はあくまで注意するべく一つのポイントであるため、万が一相手を怒らせても良しとしており、留意を欠くという言葉はありません。

この場合、単に相手を怒らせてしまったという事実のみが残りますので、「留意」は一つの問題だけを注意しておけば後は相手の傷口や逆鱗に触れるようなことがあってもよいという考えになります。

無論、相手を怒らせること前提でお話をしたり、傷つけること前提でお話をするのは良くないことですので「配慮」であるにしろ、「留意」であるにしろ、相手を怒らせたり、傷つける行為は日本では良しとしていません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典