「酒やけ」と「風邪」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「酒やけ」と「風邪」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「酒やけ」「風邪」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「酒やけ」とは?

「酒やけ」の意味と概要について紹介します。

「酒やけ」の意味

「酒やけ」「さけやけ」「さかやけ」と読みます。

意味は「酒の飲み過ぎで、顔が赤くなり日に焼けた様になること」「酒の刺激で声がしわがれること」です。

「酒やけ」の概要

「酒やけ」には2つの意味がありますが、一般的に使われるのは「酒を飲んだ後に声が枯れて低くなったり、しわがれてしまうこと」という意味です。

まるで喉が焼けてしまった様に声が出にくくなることからこの様に言われています。

「酒やけ」は、本当にお酒で喉が焼けてしまう訳ではありません。

お酒を飲みながらタバコを吸っていて、煙のせいで喉が炎症を起こしてしまうのが原因です。

また、お酒を飲みながらカラオケで無理な大声を出しても声が枯れる原因になります。

更に、お酒が入ると普段よりも大声になることから、喋り過ぎで声が枯れることもあるのです。

この様な状態が毎日続くバーのママなどは、典型的な「酒やけ」のしわがれた声をしています。

「風邪」とは?

「風邪」の意味と概要について紹介します。

「風邪」の意味

「風邪」は、「ウィルスが体内に侵入することにより、咳、鼻水、発熱などの症状が生じること」です。

「風邪」の概要

「風邪」は、ウィルスが体内に侵入することにより、身体の細胞に炎症反応が起きて、咳や鼻水、発熱などが生じることを言います。

ウィルスが喉に付着すれば、特に大声を出したりタバコを吸わなくても、喉が炎症を起こして声が出なくなることもあります。

こちらはあくまでウィルスですので、風邪が治れば自然に元に戻ります。

「酒やけ」と「風邪」の違い!

「酒やけ」「酒の飲み過ぎで顔が赤くなったり、刺激で声がしわがれること」です。

「風邪」「ウィルスにより咳、鼻水、発熱などの症状が生じること」です。

まとめ

今回は「酒やけ」「風邪」の違いをお伝えしました。

「酒やけは酒とたばこ、大声」「風邪はウィルス」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典