スポンサーリンク

「金持ちの道楽」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「金持ちの道楽」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「金持ちの道楽」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「金持ちの道楽」とは?意味

「金持ちの道楽」は、お金持ちであるが故楽しむことができる趣味のことを意味します。

つまり、一般人であれば、趣味がドライブであると仮定すると、これをお金持ちの方が行うと、高級車でドライブをすることになり、一般人の方の趣味がハイキングだとすれば、お金持ちの方はむしろ山のすべての所有権を持っているため、気兼ねなくハイキングだろうとバーベキューだろうとを楽しめるのです。

よって、「金持ちの道楽」とは、お金がある人物が許される趣味になります。

「金持ちの道楽」の概要

「金持ちの道楽」ですが、本来の意味に道楽という言葉を返還した場合、お金持ちに許される趣味という意味ではありません。

実は道楽は、仏門に入り悟りを開いたことを意味するので、金持ちは、お金に固執している場合、仏門に入ることはなく、道楽ですらありません。

よって、本来の意味に道楽を当てはめた場合、「金持ちの道楽」とは、お金持ちは仏門に入ることができないという意味になるのです。

これは、実は、仏教国に実は多い問題でして、お金持ちになると途端に仏教で守るべく戒律を無視しますのでイスラム教であろうとヒンドゥー教であろうと、「金持ちの道楽」になりやすく仏門の道は閉ざされやすいのです。

「金持ちの道楽」の言葉の使い方や使われ方

「金持ちの道楽」とは、金持ちであるが故許される趣味があることを皮肉って言う場合に使用します。

もしくは、ものすごく宗教を信仰していたのに、お金持ちになると途端に宗教を捨てた人物のことを「金持ちの道楽」とも呼びます。

「金持ちの道楽」を使った例文

・『ハイキングにランボルギーニで来るとは、金持ちの道楽だな』
この例は、わざわざ、ハイキングという汚れるような場所に来るのにも拘らず、高級車出来たことについて、お金持ちであるが故の趣味であると皮肉を言っています。

「道楽」は、趣味という意味があり、この例では趣味であることを皮肉で言っているのです。

・『彼は、どうやらお金持ちになり宗教を捨てて、金持ちの道楽に入った』 この例は、道楽を仏の道という意味で使用しており、お金で仏の道に入ったと皮肉を言っています。

つまり、宗教ではヒンドゥーであれ、イスラムであれお金をすべてとしていないため、この例は宗教を捨てたことを述べているのです。

まとめ

「金持ちの道楽」は、大抵は、お金持ちゆえの趣味のことを指しますが、実は他にも意味があり、道楽という物を仏の道だという場合もあり、この例の場合、お金で仏の道を目指しているが故、仏の道に反している行為だと皮肉を言っているのです。

無論、「金持ちの道楽」という言葉自体は、皮肉でお金持ちであるが故にできる趣味だと皮肉を述べているので、宗教に関連した意味にとらえても、金持ちゆえにできる趣味だと述べるにしろ意味は通じるうえ、両者とも皮肉になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典