スポンサーリンク

「閉塞感を感じる」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「閉塞感を感じる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「閉塞感を感じる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「閉塞感を感じる」とは?意味

「閉塞感」とは、閉じふさがっている感じを表現する言葉で、そこから比喩的に、閉じふさがったように先行きが見えない様子を表す言葉です。

従って、「閉塞感を感じる」とは何となく生きて行く事に息苦しさを感じたり、将来が見通せずに漠然とした不安に感じる状況を指す慣用句として使われる言葉です。

「閉塞感を感じる」の概要

「閉塞感を感じる」と言う言葉は、何か明らかに発生している課題に対して、心配があったり、不安があったりするというよりも、何となく将来に希望を見出せない場合や、いずれやって来るのではないかという漠然とした不安などの感情を指す言葉です。

これは日本の将来や社会全体についても、「閉塞感を感じる」「閉塞感が漂っている」と言われる事も少なくありません。

また日本の経済を支える企業に関しても、同様の事が言われる事がしばしばあります。

現在の日本は、世界においても決して貧しい国ではなく、食べる事に不安を感じる人はわずかしかいません。

また決して自由が著しく制限された不自由な国でもありません。

それにも関わらず、「閉塞感を感じる」と言われるのは、なぜなのでしょうか? 日本の高度成長を支えて来た企業や業界が、発展途上国に追随を受けて従来のような成長が期待できず、一方で少子高齢化で社会負担が大きくのしかかって来ると言う現状が、その要因と言えるでしょう。

社会や企業にそうした「閉塞感」がある事で、社会や企業から、社会や企業を支える現役世代が、希望や夢ではなく、何となく不満と不安を抱かざるを得ない状況を受けているからだと思われます。

多くの先進国で、こうした傾向が見られますが、特に日本においては「閉塞感を感じる」傾向が強いと言えます。

こうした「閉塞感」を感じて生きるよりも、夢と希望を持って生きる事の方が、幸せだと言えるでしょう。

マスコミが、世界と比較して日本の劣る点を、色々と報道される事もこうした感情を強めていると言えるでしょう。

世界と比較して、全てが最高で非の打ち所のない国など、存在しません。

こうした点は、グローバルに活動している人ほど認識しており、「閉塞感を感じる」人が少ない事で証明されています。

発想を転換し、経済発展が全てではなく、現状維持の中で、いかに文化や芸術を通じて精神を豊かにし、「閉塞感を感じる」事を和らげるべきかと言う国民のコンセンサスを醸成する事が必要ではないでしょうか。

「閉塞感を感じる」の言葉の使い方や使われ方

「閉塞感を感じる」は『発展途上国の低価格に対抗できず、さらに高付加価値商品の開発も進まず、我が社は閉塞感を感じる状況に置かれている』や『この会社に勤めていて、自分に将来が開けるのか、何となく閉塞感を感じてしまいます。』の様に使います。

「閉塞感を感じる」の類語や言いかえ

「閉塞感を感じる」の類語や言い換えとしては、『漠然とした不安を感じる』や『何となく息がつまる想いがする。』『常に圧迫感や重圧感を感じる』などが上げられます。

まとめ

「閉塞感を感じる」とは何となく生きて行く事に息苦しさを感じたり、将来が見通せずに漠然とした不安に感じる状況を指す慣用句として使われる言葉です。

「閉塞感を感じる」状態は、払拭できるなら、すべきです。

そのためには、個人や社会全体が、幸せとは何かをしっかり考え、発想の転換をする事が必要だと言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典