「防犯カメラ」と「監視カメラ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「防犯カメラ」と「監視カメラ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「防犯カメラ」「監視カメラ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「防犯カメラ」とは?

「防犯カメラ」の意味と概要について紹介します。

「防犯カメラ」の意味

「防犯カメラ」「ぼうはんかめら」と読みます。

意味は「犯罪を防止したり抑制する為に設置するカメラのこと」です。

「防犯カメラ」の概要

「防犯カメラ」は、街中で犯罪を防ぐ為のカメラのことを言います。

住宅やマンション、スーパーやコンビニなどに設置されていて、犯罪をおかそうとした人が気付いて思いとどまることを目的にしています。

目立つところにあり、カメラが設置されていることが分った方が抑止力につながるので、大きくて存在感のあるカメラを設置する店舗が多くなります。

主な設置場所は、住宅の玄関先、マンションのエントランス、コンビニ、ATM、駐輪場、駐車場などです。

「監視カメラ」とは?

「監視カメラ」の意味と概要について紹介します。

「監視カメラ」の意味

「監視カメラ」は、「特定の場所や人物を見張る為に設置するカメラのこと」です。

「監視カメラ」の概要

「監視カメラ」は、特定の場所や人物を見張り、河川やダムの水位を監視したり、犯罪の証拠を掴んだりする為に設置します。

天気の中継をしたり、渋滞の映像を流したりするのも「監視カメラ」によることが多くなります。

「監視カメラ」は防犯目的ではないので、比較的小さくて目立たない場所に設置することが多くなります。

夜中でもはっきりと画像が撮影できる様に、高機能を搭載しています。

「防犯カメラ」と「監視カメラ」の違い!

「防犯カメラ」「犯罪を防ぐ為に設置するカメラ」です。

「監視カメラ」「特定の場所や人物を見張る為に設置するカメラ」です。

まとめ

今回は「防犯カメラ」「監視カメラ」の違いをお伝えしました。

「防犯カメラは犯罪を防ぐ為」「監視カメラは人や場所を見張る為」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典