スポンサーリンク

「除草剤」と「枯葉剤」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「除草剤」と「枯葉剤」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「除草剤」「枯葉剤」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「除草剤」とは?

「除草剤(じょそうざい)」とは、「植物・雑草を枯らす目的で用いられる農薬全般」のことを意味しています。

「除草剤」には、すべての植物を枯らす「非選択的除草剤」と特定の種の植物だけを枯らす「選択的除草剤」があります。

また「除草剤」が植物を枯らす作用メカニズムには、「光合成の阻害・植物ホルモンの攪乱・アミノ酸合成の阻害」があるのです。

「枯葉剤」とは?

「枯葉剤(かれはざい)」とは、「アメリカの植物学者アーサーガルストンが開発して、ベトナム戦争で使用された強い毒性・催奇形性を持つ除草剤の一種」を意味しています。

「除草剤」ではなく「枯葉剤」という場合は特に、「強力な毒性があるダイオキシン類のTCDDを含有していて、ベトナム戦争で爆撃に邪魔なジャングルの植物を枯らす軍事目的で使用された除草剤」を意味していることが多いのです。

「除草剤」と「枯葉剤」の違い!

「除草剤」「枯葉剤」の違いを、分かりやすく解説します。

「除草剤」「枯葉剤」はどちらも「植物を枯らす作用を持つ農薬・薬剤」という意味では共通しています。

しかし、「除草剤」「一般的な農業・ガーデニング(造園)などで使用される雑草除去のための農薬」を示しているのに対して、「枯葉剤」というのは「特に米軍がベトナム戦争で爆撃のために軍事利用した強力な毒性・催奇形性を持つ除草剤」を意味している違いがあります。

「除草剤」「雑草などの植物を枯らせて取り除く目的で使われる農薬」ですが、「枯葉剤」「爆撃に邪魔な植物を枯らせて取り除く軍事目的で使われた薬品」という違いを指摘できます。

まとめ

「除草剤」「枯葉剤」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「除草剤」とは「光合成を邪魔したり植物ホルモンを操作したりして、植物・雑草を枯らす目的で用いられる農薬全般」を意味していて、「枯葉剤」「化学兵器として軍事利用することを目的にして開発された除草剤の一種」「アメリカの植物学者アーサーガルストンが開発してベトナム戦争で使用された強い毒性を持つ除草剤」を意味している違いがあります。

「除草剤」「枯葉剤」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典