「集計結果」とは?意味や言い換え!例文と解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「集計結果」とは?

「集計結果」という表現は、「アンケート調査などで手に入れたデータ・数字を集めて計算した結果」を意味しています。

「集計結果」というのは、「元になるデータ(数字)を、アンケート調査や客観的測定方法などで集めて、そのデータ(数字)を統計的に計算した結果・結末」を意味する言葉なのです。

「集計結果」の読み方

「集計結果」の読み方は、「しゅうけいけっか」になります。

「集計結果」の英語と解釈

「集計結果」という言葉を英語で書き表すと、以下のようになります。

“aggregate results”(数字をすべて合計した結果・集計結果)

“total results”(数字をトータルで計算した結果・集計結果)

“summary results”(数字を全部合計した結果・集計結果)

“This aggregate results of questionnaire survey was outputted last week.”

「集計結果」を使ったこの英語の例文は、「このアンケート調査の集計結果は、先週に出力されました」を意味しています。

「集計結果」の表現の使い方

「集計結果」の表現の使い方は、「アンケート調査・対象の測定などによって手に入れたデータ(数字)を集めて、統計的に計算した結果」を指示して使うという使い方になります。

「集計結果」というのは、「データ・数字を集めた後に、目的に合わせて計算をした結果」という意味で使われる表現なのです。

「集計結果」を使った例文と意味を解釈

「集計結果」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「集計結果」を使った例文1

「アンケート調査の結果をただ主観的な感想で評価するのではなく、きちんと集計結果に基づいて傾向を解釈してください」

この「集計結果」を使った例文は、「アンケート調査の結果をただ主観的な感想で評価するのではなく、きちんとそのデータを集めて統計的に計算(回答を合計)した結果に基づいて、傾向を解釈してください」ということを意味しています。

「集計結果」を使った例文2

「この現象が何を意味しているのかは、測定データの集計結果を待ってから考えた方が良いでしょう」

この「集計結果」を使った例文は、「この現象が何を意味しているのかは、測定データを集めて統計的に計算した結果を待ってから考えた方が良いだろう」ということを意味しています。

「集計結果」の類語や類義語・言い換え

「集計結果」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

「データの合計・トータル」【データのごうけい・トータル】

「集計結果」の類義語・言い換えとして、「データの合計・トータル」があります。

「集計結果」という表現は、「アンケート調査などで得たデータを合計したもの」「数字・データをトータルで合計した結果」を意味しています。

その意味合いから、「集計結果」に近しい意味を持つ類義語として、「データの合計・トータル」を指摘できます。

「調査の分析結果」【ちょうさのぶんせきけっか】

「集計結果」の類語・言い換えには、「調査の分析結果」があります。

「集計結果」という表現は、「アンケート調査などで手に入れた数字(データ)を、統計的に分析したもの」を意味しています。

この意味から、「集計結果」の表現は「調査の分析結果」という表現で言い換えられるケースがあるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典