スポンサーリンク

「電撃成立」とは?意味や言葉の使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「電撃成立」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「電撃成立」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「電撃成立」の意味

電撃成立というのは直前まで全くそんな気配がなかったものが急遽決まって成立する事を指す言葉です。

「電撃成立」の解説

電撃成立というのはずっと交渉が難航していたにもかかわらず、いきなり何かのきっかけで交渉がトントン拍子で進んでいって成立するといったものが電撃成立です。

なので、普通に交渉が順調にいっていたものが成立するといったものは電撃成立とは言わないです。

あくまで誰もが全く予想もしなかったという要素があるのが電撃成立になります。

つまりその交渉が全く周囲も予想もしておらず、その交渉が成立したことが世間を驚かす結果になった時に電撃成立という言い方をする事になります。

いくら周囲がその交渉が成立すると思ってなかったとしてもそれ自体あまり驚きがない時は電撃成立にはならないです。

あくまでその交渉の結果何か成立した時にその成立した内容に驚きがあってようやく電撃成立という言い方になります。

「電撃成立」の使われ方

電撃成立の使われ方は「〇〇選手と球団の交渉が電撃成立」「タレントの〇〇とモデルの〇〇の電撃入籍が成立」といった感じで使われる事になります。

この両方に共通しているのは世間ではそれなりに名前が知れた者が何かの交渉を経て成立した事に世間がそれなりに驚くというのがあります。

なので、いくら急遽決まった事でもそれが世間的にどれだけインパクトがあるか大事です。

電撃成立という以上はそれなりに知名度がある人に意外な事が起きた時に使う事になります。

ですから、電撃成立と使う時はそのどちらが欠けてもいけないです。

世間でそれなりに驚きがあった事でないと電撃成立とは言えないのでそこは注意しないといけないです。

また電撃成立というのは良い意味でも使われますが、悪い意味でも使われます。

なぜなら、有名人が交渉の末に何か成立した時は当人はそれが良かれと思ってした事でも世間では必ずしもそういう風には思っていない事もあるからです。

それが悪い意味で驚きという意味であっても世間が驚いたことに違いはないので、そのような時でも電撃成立という風に言われます。

重要なのはその交渉が成立した事で世間がどれだけ驚いたかです。

世間が衝撃を受けない事は電撃成立とは言わないです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典