「電話占い」と「対面占い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「電話占い」と「対面占い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「電話占い」「対面占い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「電話占い」とは?

「電話占い」「でんわうらない」と読みます。

意味は「相談者が自宅から占い師に電話をかけて鑑定して貰うサービスのこと」です。

インターネット上で「電話占い」として運営されているサイトがあります。

複数の占い師が登録していて、相談者は自分の好きな占い師を選び、電話をかけて鑑定して貰います。

全国各地どこにいても占って貰えるメリットがあります。

料金は15分、20分単位で設定され、通話料がかかるサイトと、無料のサイトがあります。

「対面占い」とは?

「対面占い」「たいめんうらない」と読みます。

意味は「占い師と直接会って鑑定して貰うサービスのこと」です。

占い師は、街の路上やカフェ、占いの館などにいて、相談者がその場所まで出向いて直接会話しながら鑑定して貰います。

直接会って占うことから、占い師の技術を目の前で見られて信頼性が高いというメリットがあります。

料金は時間決めで、一人に対する鑑定時間が決まっているところがほとんどです。

「電話占い」と「対面占い」の違い!

「電話占い」「相談者が自宅から占い師に電話をかけて鑑定して貰うサービスのこと」です。

「対面占い」「占い師と直接会って鑑定して貰うサービスのこと」です。

まとめ

今回は「電話占い」「対面占い」の違いをお伝えしました。

「電話占いは電話で鑑定」「対面占いは直接会って鑑定」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典