スポンサーリンク

「青空駐車」と「青空駐車場」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「青空駐車」と「青空駐車場」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「青空駐車」と「青空駐車場」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「青空駐車」とは?

「青空駐車(あおぞらちゅうしゃ)」とは、「駐車場ではない一般の道路や土地(空きスペース)に勝手に車を長時間駐めること」を意味しています。

「青空駐車」というのは「駐車場ではない道路・空きスペースを勝手に駐車場として使用する行為」ですが、「違法駐車・駐車違反(免許証の減点・罰金)になる可能性」があります。

「青空駐車場」とは?

「青空駐車場(あおぞらちゅうしゃじょう)」とは、「屋根・アスファルトなどの構造物がある駐車場として整備されていない更地の駐車場」を意味しています。

「青空駐車場」というのは、「アスファルト舗装・白線での区画・砂利敷きなどをしていない更地の駐車場」のことなのです。

「青空駐車場」「税制上、更地貸しの扱いになるため、消費税が非課税になる」という特徴があります。

ただし「青空駐車場」をアスファルト舗装したりコンクリートで区画した場合には、「小規模宅地の特例適用による相続税の減税対策」になります。

3.「青空駐車」と「青空駐車場」の違い!

「青空駐車」と「青空駐車場」の違いを、分かりやすく解説します。

「青空駐車」と「青空駐車場」は言葉づらこそ似ていますが、実際の意味は異なっています。

「青空駐車」というのは、「駐車場ではない道路・空き地などに勝手に長時間にわたって車(バイク)を駐めること」「違法駐車になるケースも多い道路上での駐車」を意味しています。

それに対して「青空駐車場」のほうは、「アスファルト舗装などをしていない更地の駐車場」「更地貸しの扱いで節税にもなる整備・区画されていない更地の駐車場」を意味しているという違いがあるのです。

まとめ

「青空駐車」と「青空駐車場」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「青空駐車」とは「駐車場ではない道路や土地に勝手に車を駐めること」を意味していて、「青空駐車場」「アスファルトを敷いていない更地の駐車場」を意味している違いがあります。

「青空駐車」と「青空駐車場」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典