スポンサーリンク

「音読」と「朗読」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「音読」と「朗読」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「音読」「朗読」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「音読」とは?

「音読」は声に出して読むことでかつ、正確に読めているかどうかを確認するために行うのが「音読」です。

つまり台本などは、正確に台本を読めているかどうかを本人及び周囲が確認する必要性があり、これは、「音読」になります。

「音読」は周囲と本人が正しく音に出して読んでいるかのみを着目します。

「朗読」とは?

「朗読」は、人に読み聞かせることを指します。

その上で、「朗読」は実は正確に物語を読むことはどうでもよく、あくまで物語などを相手に伝えるように読めばそれで成立します。

ただ、「朗読」側は、感情にして文章を読み上げる必要性があり、音声による表現力を養う訓練です。

「音読」と「朗読」の違い

「音読」「朗読」の違いは、文章を読む際の目的が異なります。

「音読」は、いかに正確に音声にして物を読み上げるかで、原稿を正確に読み上げるための訓練です。

一方、「朗読」は原稿を読み上げることよりも、音声で感情を表すための訓練ですので両者の違いは、文章を読み上げる際の目的が異なります。

「音読」の例文

・『アナウンサーが原稿を音読するうえで間違いに気が付いた』
この例は、アナウンサーが原稿を読み上げていく際に間違いがあることに気が付いた例です。

アナウンサー自体が間違いに気が付き、それを訂正したと思われます。

なお、「音読」は、正確さを重要視するため、このアナウンサーは元号を読み上げるうえで間違いに気が付いた分優秀であると見えます。

「朗読」の例文

・『桃太郎を朗読する』
この例は、桃太郎の物語を感情を込めて呼んだという例です。

声優などは声で感情表現をして役になりきるため、案外とこうした身近な物語で「朗読」して訓練をすることで声優になった際、様々な役を貰うことができます。

「朗読」は声を重要視し、表現力を重要視するため、この例は、「朗読」とすることで表現力を重視した例です。

まとめ

「音読」「朗読」の違いは、文字を読み解くうえで正確さを重要とするか、表現力を重要とするかです。

「音読」はあくまで性格に文字を読み解き声に出すことで周囲に正しい情報を与えることが重要としますが、「朗読」は別に間違って文章を読んでも、物語が破綻せず、感情がこもっていれば問題はありません。

「音読」は正確さが要求されるため、主に、アナウンサーなどは「音読」で与えられた原稿を正確に読むことが重視されます。

しかし、「朗読」は声での表現を重視しますのでこちらの場合は、声優さんなどが当てはまり、アドリブなどが効く分、文字を正確に読む必要性はないのですが、物語が破綻することと、感情がこもっていないなどは問題となります。

どちらも訓練で行うことが可能で、「音読」は正確に文章を読む力、「朗読」は表現力を養うための訓練として機能しますので両者はともに訓練であるという点においては一致します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典