スポンサーリンク

「額」と「おでこ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「額」と「おでこ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「額」「おでこ」は、体のある部分を指していますが、何か違いがあるのでしょうか。

この記事では、「額」「おでこ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「額」とは?

「額」「ひたい」と読み、顔のある部分のことです。

ある部分とは、髪の生え際から眉との間を指します。

髪の生え際の部分は人によって違います。

髪が後退している人は、髪の生え際が頭頂近くになっていることがありますが、頭頂付近までは「額」に含みません。

アンファー株式会社の調査によると、額の長さが7cm以上になると薄毛と感じる人が多く、男性では43%、女性では46%が7cm以上と回答しています。

「額」「がく」とも読み、「がく」と読むと意味が違ってきて、数量、ものの量、書画などを壁にかけておくための枠のことを意味します。

「おでこ」とは?

「おでこ」とは、「額」のことです。

髪の生え際から眉の間のことを指しています。

「額」と「おでこ」の違い

どちらも同じ部位のことを指しています。

髪の生え際から眉の間が、「額」「おでこ」です。

「額」は改まった場面で使われ、「おでこ」は改まった場面でないところで使われることが多くあります。

子どもに対しては、「おでこ」と表現することが多いです。

しかし、大人同士の会話でも「おでこ」ということがあります。

また、「額」と漢字で表記すると「がく」とも読むことができ、「ひたい」なのか「がく」なのか紛らわしいです。

どちらの読み方なのか文脈から判断します。

「おでこ」なら、そういったことがありません。

まとめ

「額」「おでこ」は何が違うのだろうと思っていたかもしれませんが、同じものを指しています。

どちらも顔の同じ部位のことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典