スポンサーリンク

「食い扶持を失う」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「食い扶持を失う」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「食い扶持を失う」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「食い扶持を失う」とは?意味

「食い扶持を失う」とは、生活していく上で重要な食料や食品を購入するための費用が無くなってしまう事を意味する言葉です。

「食い扶持を失う」の概要

「食い扶持を失う」とは、「くいぶちをうしなう」と読みます。

「食い扶持」とは、「食う」という少々乱暴な表現が使われている言葉であるため、日常会話で頻繁に使用する言葉ではありません。

友人や仲間同士の崩れた会話の中など限られて使用される場合が多く、ビジネスなどの硬い場所では使われる事はありません。

「食い扶持」とは、食料や食材などの食べ物を購入するための費用を指す言葉です。

食材や食品を買う事が出来ないという事は、日常生活すら営むことも難しくなるため、日常生活全般に必要なお金について「食い扶持」と表わされる場合もあります。

「食い扶持」「扶持」とは、援助する、生活を助けるなどの意味を持った言葉です。

江戸時代に武士などに支給されるお米について「扶持米」と呼ばれており、これが語源となり「扶持」は生活に必要なお金の事を「食い扶持」と表わすように変化していったとされています。

そのため、「食い扶持を失う」という言葉は、生活するために必要な食料を始めとした生活費が無くなってしまったという意味を持った言葉となるのです。

「食い扶持を失う」の言葉の使い方や使われ方

「食い扶持を失う」という言葉、日常生活で頻繁に使われる言葉ではありません。

どちらかというと気の知れた友人や仲間などでの砕けた会話の中で使用される言葉です。

「食う」という「食べる」という言葉を少々乱暴にした言葉が使われているのが理由であり、「扶持」という言葉自体も頻繁に使用される言葉ではありません。

「食い扶持を失う」という言葉は、生活に関わる食料を始めとした生活費が無くなってしまうという意味を持つため、切迫した状態である事がうかがえます。

本当に生活費などが無くなった場合に使用される言葉でもありますが、冗談など会話の一部としても使用されます。

「食い扶持を失う」を使った例文

・『仕事をリストラされてしまい、食い扶持を失ってしまった』
・『無職となって食い扶持を失っていた彼であったが、ようやく職を見つけたようだ』
・『彼の食い扶持を失った話は、ほとんどが冗談なのでいちいち気に留めていない』

まとめ

「食い扶持を失う」とは、食糧費や生活費などの、生活にかかわるお金や費用が無くなってしまったという意味を持つ言葉です。

「食う」という言葉が含まれるため、硬い場面などでは使用される機会はあまりありませんが、友人同士の会話など砕けた場所では違和感なく使用される事があります。

生活費が無くなっているというひっ迫した状態を示した言葉のため、場合によって大袈裟に感じてしまう場合もあります。

使用する場合は状況などを注意して使う事が望ましいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典