「食えないやつ」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「食えないやつ」とは?

「食えないやつ」と誰かに言われた事があるでしょうか。

「食えないやつ」「くえないやつ」と読み、人を評価する時に使う言葉です。

しかし、誰かに「食えないやつ」と言われても、言葉の意味が分からなければ、どう対応していいか分からないでしょう。

そこで「食えないやつ」という言葉の意味や使い方を紹介します。

次回、誰かに「食えないやつ」と言われた時には、正しい対応ができるようになるでしょう。

また、身近にいる誰かに対して「食えないやつ」と感じている事に、気が付く事ができるかもしれません。

「食えないやつ」の意味

「食えないやつ」にはどのような意味があるでしょうか。

「食えない」には、お腹がいっぱいで食べ物などを「食べられない」という直接的な意味や、経済的な理由などで「生活ができない」という意味があります。

ラーメン屋を始めたものの、お客さんが入らずに生活できない時は、「ラーメン屋では食えない」という文章を作る事ができます。

さらに「食えない」には、「ずるがしこくて、油断できない」という意味もあります。

そして「食えないやつ」という言葉を使う時の、「食えない」は、最後の「ずるがしこくて油断できない」の意味になります。

そのため「食えないやつ」は、「ずるがしこくて油断できない人」という意味になります。

「食えないやつ」の言葉の使い方

「食えないやつ」という言葉は、どのような場面で使えばいいでしょうか。

身近にずるがしこい人、油断できないと感じる人がいる人は、その人の事を「食えないやつ」と評してみましょう。

誰かにその人を紹介する時に、「あいつは『食えないやつ』なので気を付けて接した方がいい」などと伝えると、心の準備をしてから接する事ができるようになります。

特に見た目の感じがいい人で、ずるがしこい人は、人間観察に長けている人でないと正体を見抜く事ができないでしょう。

誰かが被害を受けないように、「食えないやつ」という言葉を使って警告しましょう。

「食えないやつ」を使った例文

「食えないやつ」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「食えないやつ」を使った文章を見る事で、この言葉の使い方のコツを覚える事ができるかもしれません。

「食えないやつ」の例文1

「Aさんは、見た目は優しそうに見えるが、『食えないやつ』なので気を付けろ」

この例文に登場するAさんは、「食えないやつ」をイメージする時の、もっとも一般的なイメージかもしれません。

一見優しそうに見えて、いい人だと思えるけれど、お腹の中に黒い物を持っているタイプの人です。

気を許して近づくと、思わぬ迷惑を掛けられる事があります。

人を見た目だけで判断しないようにしましょう。

「食えないやつ」の例文2

「B部長は『食えないやつ』だが、仕事は一流で学べる部分も多い」

この例文に登場するB部長のように、「食えないやつ」でありながら、仕事が一流であるなど優れた長所を持っている人もいます。

性格が少し悪かったり、癖が強かったりしても、仕事ができる人、一芸に秀でている人は多いものです。

プロのアスリートなどにも、「食えないやつ」はたくさんいます。

毛嫌いするだけでなく、学べる部分は学んだ方がいいのかもしれません。

「食えないやつ」の例文3

「最初は『食えないやつ』だと思ったが、付き合っているうちに、素直な人だと気が付いた」

この例文のように、「食えないやつ」という先入観があった人が、実はいい人だったという事もあります。

シャイだったり人見知りだったりする人は、第一印象で悪い印象を持たれてしまいがちですし、ルックスが強面な人も「食えないやつ」と思われてしまいがちです。

時間を掛けて付き合ううちに、そのような誤解が解ける事もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典