「食パン」と「デニッシュパン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「食パン」と「デニッシュパン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「食パン」「デニッシュパン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「食パン」とは?

「食パン」の意味と概要について紹介します。

「食パン」の意味

「食パン」「しょくぱん」と読みます。

意味は、「特別は味付けをせずに、長方形の型に入れて焼いたパンのこと」です。

「食パン」の概要

「食パン」は、小麦粉を練り、特別な味付けをせずに長方形の型で焼き上げたパンのことを言います。

焼き上がりは立方体で、4つの側面に「みみ」とよばれる茶色く焼けた薄い部分があります。

「みみ」の内側は白くて柔らかく、そのまま食べることもできますが、一般的にはトーストにしたり、薄くスライスしてサンドイッチにすることが多くなります。

日本でパンが食べられる様になったのは明治時代ですが、当時は「あんパン」など菓子パンが主流でした。

イギリスから山型で甘さのないパンが伝わり、「菓子パン」に対して「主食のパン」という意味で「食パン」と言われる様になったのです。

「デニッシュパン」とは?

「デニッシュパン」の意味と概要について紹介します。

「デニッシュパン」の意味

「デニッシュパン」は、「パン生地にバターやマーガリンを練り込み、複数の層が出来る様に焼き上げたパンのこと」です。

バターやマーガリンをふんだんに練り込み、生地に何層もの層ができる食パンです。

しっとりした食感と濃厚な味わいが特徴です。

「デニッシュパン」の概要

「デニッシュパン」は、パン生地にバターやマーガリンをたっぷり練り込み、中味に複数の層ができる様に焼き上げたパンのことを言います。

「デニッシュ」とは「デンマークの」という意味で、文字通りデンマークで食べられていたパンです。

歯応えはサクサクとしていて、四角いものは手でさっくりと裂いて食べるのに向いています。

味は甘めでカロリーは「食パン」よりも高くなります。

ジャムやフルーツ、シュガー等がトッピングされたものは「デニッシュ・ペストリー」と言います。

「食パン」と「デニッシュパン」の違い!

「食パン」「特別は味付けをせずに、長方形の型に入れて焼いたパンのこと」です。

「デニッシュパン」「ン生地にバターやマーガリンを練り込み、複数の層が出来る様に焼き上げたパンのこと」です。

まとめ

今回は「食パン」「デニッシュパン」の違いをお伝えしました。

「食パンは四角くて味付けしていないパン」「デニッシュパンは中身が幾層にもなっているパン」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典