スポンサーリンク

「駄菓子」と「お菓子」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「駄菓子」と「お菓子」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

おやつは子供から大人まで好きな人が多い食べ物ですが、その種類は本当に豊富であり和風のものから洋風のものまでとても美味しいのが特徴です。

その中でも「駄菓子」は昔からある安いおやつとして人気がありますが、これと「お菓子」の区別は意外にもはっきりとしているものなのです。

この記事では、「駄菓子」「お菓子」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「駄菓子」とは?

「駄菓子」の由来は江戸時代にまで遡ることが可能です。

江戸時代では砂糖菓子がよく作られていたのですが、より高級な上白糖で作る菓子はとても高い値段だったのでその代わりに安い黒糖で作られたのが「駄菓子」なのです。

黒糖は上白糖と比べると安いことから庶民にも簡単に購入できたり作れたので、いつしか庶民に愛される菓子となりました。

「駄菓子」は上述のような黒糖を使ったものも多いのですが、それ以外に有名なものとしては雑穀を使ったものや色々な安くて美味しい素材で作ったものが多く、手に入りやすい値段で売っているのが特徴です。

値段が安いことから子供でも購入しやすく、駄菓子を専門に扱ったお店はレトロな雰囲気もあり懐かしく感じる人も多いそうです。

最近では大手のスーパーなどで駄菓子屋コーナーを置いているお店も多くなってきており、親子そろって「駄菓子」を楽しんだり大量に購入することが可能です。

「お菓子」とは?

「お菓子」は間食として食べるものを示す一般的な言葉であり、菓子を丁寧にした言葉となっています。

「お菓子」は英語でスイーツとも言われますが、国によって様々なバリエーションがあり人々の舌を楽しませてくれます。

「お菓子」は中国語が由来となっており、一般的には果物を使った食べ物という意味がありました。

しかし時代が進み色々な間食が発明され国際的にも色々なものが輸入されたこともあり、現在では間食に食べるものを「お菓子」と表します。

「お菓子」は間食として美味しいことから人気がありますが、嗜好品であったりカロリーや油分も多いことから食べ過ぎると太ってしまうという点が人々をよく悩ましています。

「駄菓子」と「お菓子」の違い

「駄菓子」は昔に作られた黒糖の安い菓子のことを示していましたが、現在では安くて購入しすい菓子全般を示す言葉となっています。

「お菓子」は一般的な間食を表す時に使う言葉であり、こちらは安いものから非常に高い値段が付くものまで幅広いものがあります。

「駄菓子」の例文

・『子供が100円を握りしめてどの駄菓子を買おうか悩んでいる』

・『駄菓子コーナーがとても懐かしくて、大人買いをしてしまった』

「お菓子」の例文

・『世界的なコンテストに受賞したそのお菓子はとても美味しかった』

・『手作りのお菓子を彼にプレゼントしたが、凄く喜んでくれてよかった』

まとめ

安い「駄菓子」も一般的な「お菓子」も間食として愛される物が多く、休憩時にやすらぎや癒しを与えてくれる存在です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典