「駆動」と「稼働」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「駆動」と「稼働」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「駆動」「稼働」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「駆動」とは?

「駆動」は、動力を伝えて動かすことです。

動力とは、機械を動かすためのエネルギーのことです。

動力に似た言葉で電灯があります。

電力会社の契約プランでは、「電灯」「動力」の2種類を用意しています。

電灯は、一般家庭で使用されるものです。

家電製品などを動かすには電灯で十分です。

動力は主に工場や商業施設などで使用されています。

家電製品よりも大きな機械を動かすには動力が必要です。

「稼働」とは?

「稼働」には2つの意味があります。

1つめは、仕事をすること、就労のことです。

もう一つは、機械を運転することや、機械が動いて仕事をすることです。

「動」の字を使用して、「稼動」と表記することもあります。

意味は同じです。

「駆動」と「稼働」の違い

「駆動」は動力を伝えて動かすことです。

動力は主に工場や商業施設などで使用されています。

「稼働」は機械を運転すること、機械を働かせて仕事をすることや、就労を意味します。

機械を動かすためには電気を使用しますが、電気プランには電灯と動力の2種類があります。

「稼働」という場合には、電灯、動力、どちらを使用するのかは問いません。

まとめ

「駆動」「稼働」は、どちらも動かすことという意味を含んでいますが、「駆動」は動力を使って動かす場合に使用されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典