スポンサーリンク

「駐車」と「停車」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「駐車」と「停車」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「駐車」「停車」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「駐車」とは?

「駐車」「ちゅうしゃ」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「自動車など車両をとめておくこと」という意味で、道路や駐車場など場所を問わず車をとめておくこと全般を言います。

2つ目は「道路交通法による車のとめ方のルール」という意味で、「客待ち、荷待ちによる停止」「積み下ろしなど5分を超える停止」「運転手車から離れていて、すぐに運転できない状態での停止」の3つがあります。

上記に共通するのは「車をとめる」という意味です。

「駐車」の使い方

「駐車」「自動車など車両をとめておくこと」「道路交通法による車のとめ方のルール」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴い「駐車する・した」と使われたり、副詞として「駐車して」と使われたり、「駐車禁止」「駐車違反」など複合語として使われたりします。

基本的に、車をとめること全般に使われることもあれば、厳密に道路交通法に準じた車のとめ方として使われることもある言葉です。

「停車」とは?

「停車」「ていしゃ」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「列車や電車などが止まること」という意味で、走行していた列車が運転手の操作によりとまることを言います。

2つ目は「自動車など車両がとまること」という意味で、走行していた車がとまること全般を言います。

3つ目は「道路交通法による車のとめかたのルール」という意味で、「人の乗り降りの為の停止」「5分以内の荷物の積み下ろしの為の停止」「運転手がすぐに運転できる状態での短時間の停止」の3つがあります。

上記に共通するのは「走っていた車両がとまること」という意味です。

「停車」の使い方

「停車」「列車や電車などが止まること」「自動車など車両がとまること」「道路交通法による車のとめかたのルール」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴い「停車する・した」と使われたり、副詞として「停車して」と使われたり、「停車位置」など複合語として使われたりします。

基本的に、一時的又は短時間で、走っていた車両がとまること全般に使われることもあれば、厳密に道路交通法に準じた車のとめ方として使われる言葉です。

「駐車」と「停車」の違い

「駐車」「車をとめること全般」「厳密に道路交通法に準じた車のとめ方」という意味です。

「停車」は、一時的又は短時間で「走っていた車両がとまること全般」「厳密に道路交通法に準じた車のとめ方」という意味です。

「駐車」の例文

・『都心はどこも駐車場がいっぱいだ』

・『しばらくここに駐車しておいても大丈夫だろう』

・『駐車違反で罰金を支払わされた』

・『路地の違法駐車を取り締まって欲しい』

「停車」の例文

・『電車が何らかの理由で急停車した』

・『ここは停車も禁止されている場所だ』

・『高齢者の送迎でワゴン車がしばらく停車していた』

・『運転が下手で停車位置から大きくはみ出してしまった』

まとめ

今回は「駐車」「停車」について紹介しました。

「駐車」「車をとめること」「停車」「走っていた車両をとめること」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典