スポンサーリンク

「~には当たらない」と「~には及ばない」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「~には当たらない」と「~には及ばない」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「~には当たらない」「~には及ばない」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「~には当たらない」とは?

「~には当たらない」の意味は以下の通りです。

1つ目は「その様な関係にない」という意味で、ある物と別のものの間に関連性がない様子を言います。

2つ目は「その様な方向性にない」という意味で、ある物がその様な性質を持つ傾向にはない様子を言います。

3つ目は「他と比較して該当しない」という意味で、ある物同士を比較して、それではないと判断できる様子を言います。

4つ目は「結果としてそうならない」という意味で、何かをした結果につながらない様子をいいます。

上記に共通するのは「一般的にその状態に相当しない」という意味です。

「~には当たらない」の使い方

「~には当たらない」「その様な関係にない」「その様な方向性にない」「他と比較して該当しない」「結果としてそうならない」という意味で使われます。

「当たらない」は、動詞「当たる」の未然形に打消の助動詞「ない」が組み合わさった表現です。

基本的に、一般的な傾向として、そうするに値しないという意味で使われる言葉です。

「~には及ばない」とは?

「~には及ばない」の意味は以下の通りです。

1つ目は「自分の力が届かない」という意味で、ものごとを成し遂げられない様子を言います。

2つ目は「能力や性質などの度合いがかなわない」という意味で、実力や地位、気質などの程度がある基準に達していない様子を言います。

3つ目は「そうする必要がない」という意味で、わざわざするほどの価値はないことを言います。

上記に共通するのは「ある基準に達していない」という意味です。

「~には及ばない」の使い方

「~には及ばない」「自分の力が届かない」「能力や性質などの度合いがかなわない」「そうする必要がない」という意味で使われます。

「及ばない」は、動詞「及ぶ」の未然形に打消しの助動詞「ない」が組み合わさった表現です。

基本的に、ある一定基準に達していないので、そうするに値しないという意味で使われる言葉です。

「~には当たらない」と「~には及ばない」の違い

「~には当たらない」「一般的な傾向として、そうするに値しない」という意味です。

「~には及ばない」「ある一定基準に達していないので、そうするに値しない」という意味です。

「~には当たらない」の例文

・『海外では電車が1時間遅れても怒るには当たりません』

・『彼の実力ならば、ホームラン10本打っても驚くには当たらないだろう』

・『これくらいの事では罪には当たらないと思っているかも知れないが、間違いだよ』

・『B級ホラー映画は女性が鑑賞するには当たらない作品ばかりだ』

「~には及ばない」の例文

・『気心知れた関係なので、わざわざ挨拶するには及ばないよ』

・『今まで散々迷惑をかけられてきたのだから、お礼を言うには及ばない』

・『大した話でもないから、こんな雨の中出かけていくには及ばない』

・『君には関係のないことだから、いちいち知るには及ばない』

まとめ

今回は「~には当たらない」「~には及ばない」について紹介しました。

「~には当たらない」「一般的意で必要ない」「~には及ばない」「基準以下で必要ない」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典