スポンサーリンク

「18歳未満」と「18歳以上」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「18歳未満」と「18歳以上」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「18歳未満は禁止」「18歳以上の方が対象」など、日常的に聞く言葉ですが、「18歳未満」「18歳以上」の違いを知っていますか。

この記事では、「18歳未満」「18歳以上」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「18歳未満」とは?

「未満」は、ある数に達していないこと、ある数は含まずその数よりも少ないことを意味しています。

「18歳未満」は、18歳よりも下の年齢のことを指します。

「未満」はその数を含まないので、18歳は含んでいないことになります。

つまり、0歳から17歳までが「18歳未満」です。

労働基準法では、「18歳未満」を年少者としています。

また、映画におけるR18とは、「18歳未満」の映画館への入場や観賞を禁止していることを表します。

「18歳以上」とは?

「以上」は、ある数字よりも上のことを意味していて、その数は含んでいます。

「18歳以上」は、18歳よりも上の年齢のことを指します。

「以上」はその数を含んでいるので、18歳も含まれます。

選挙権が与えられている年齢は、満18歳以上です。

「18歳未満」と「18歳以上」の違い

どちらも18歳という年齢に関しての言葉です。

「18歳未満」は18歳よりも下の年齢で、18歳は含みません。

18歳よりも下の年齢の人のことを指したいときに使われます。

「18歳以上」は18歳よりも上の年齢で、18歳を含みます。

18歳を含むそれよりも上の年齢の人を指したいときに使われます。

まとめ

18歳という年齢を境に、禁止されていることやできることなどが法律で定められています。

そのため、「18歳未満」「18歳以上」の違いをしっかり理解しておくことが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典