スポンサーリンク

「24する」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「24する」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、24するの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

24するとは?意味

24するとは、ツーフォーと呼び、通報するという意味があります。

オヤジギャグからきているこの24するは、「2」「ツー」と呼び、「4」「フォー」と呼ぶ発想から生まれた言葉です。

SNSやブログなどに書き込みしたコメントが人を傷つけたり、差別するなどの犯罪行為を犯していると思われるものに対して「24する」と忠告するときに使います。

また、サイトで駄目と言われている行為により、他のユーザーに迷惑かける言葉を書き込んだときにも「24する」と相手を注意します。

ここで注意したいのは、海外ドラマで話題となった「24」を文字った言葉ではありません。

24するの概要

サイトの規約を守らず、人を不快な気持ちにさせたユーザーに対して、「24する」と注意して、ペナルティを与えるときに使う言葉です。

ネット上で犯罪を誘発するような書き込みに対して、制止する意味で注意するとき、相手にわかりやすく使う言葉でもあります。

この言葉の語源となるのが某巨大掲示板サイトで、書き込みに犯罪予告したり、誹謗中傷するコメントが見受けられました。

そのときに「通報した」と相手に伝えたコメントがサイトを利用する人の間で広がったのです。

ダジャレも取り込みつつ、若者が話しやすい言葉に置き換えたのです。

24するの言葉の使い方や使われ方

使われ方は、何度も読んでいると、どうも犯罪を起こすのではないかという危険なコメントを見つけたときに「今すぐに24する」と使います。

いくらかわいい小学生を見かけたからといっても、「触りたい」だの「キスしたい」とコメントしていれば危険な行動をしかねないと思わせます。

また、気に食わない人に対して「今から家を突き止めてやる」とコメントすれば相手を恐怖に陥れますし、「お前の住む場所を調べた。

今から行くから金を用意しておけ」
と言えば恐喝やプライバシー侵害になりますので、危険だと感じた人は「24する」と忠告するわけです。

掲示板の書き込みが明らかに犯罪に結びつくなと思うときに使う言葉になります。

24するを使った例文(使用例)

・お金がないから困ったわ。

コンビニでも狙うか。

→24する
・地面に落ちていた落し物だけど、警察に届けるのが面倒くさいから自分のものにしようか。

→24する
・近所に好みの女性を見つけたから後をつけて、家の前で張り込みしようか。

→24する
お金がないとき、コンビニでも狙って強盗したいというコメントは危険であり、犯罪につながると思う人は「24する」と使います。

また、地面に落ちている落し物は保険証やクレジットカード、お金、財布などは警察に届けないと窃盗になってしまいます。

それでも届けないのであれば通報するとなるわけです。

いくら好みの女性であっても、後をつけて家を特定して張り込みする行為はストーカー犯罪にもつながるので、通報するになります。

まとめ

危険なコメントする人は、犯罪を犯すことような行動に出ることも多いため、早めに通報して、心を入れ替えさせることが大切です。

コメントする人も悪気はなくても、その言葉一つで人を不快にさせたり、恐怖心を与えてしまうことがありますので、気をつけましょう。

海外からもアクセスでき、子供も見る掲示板は正しく使い、利用する人が楽しく使えるようにしたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典