スポンサーリンク

「double」と「dual」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「double」と「dual」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「double」「dual」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「double」とは?

「double」とは、「何かの量が二倍であること・同じものが二つあること・二重であるさま」を意味している英語の名詞・動詞・形容詞・副詞です。

例えば、「double」“double the amount of cola”(二倍の量のコーラ)や“double the space”(スペースを二倍にする)などの表現で使われています。

「dual」とは?

「dual」とは、「違うものが二つあること・二重になっているさま・二面性がある」を意味している英語の名詞・形容詞です。

例えば、「dual」“dual action”(二重作用)や“dual camera”(二つの異なるレンズのあるカメラ)といった表現で使用されます。

「double」と「dual」の違い!

「double」「dual」の違いを、分かりやすく解説します。

「double」「dual」はどちらも「2・2つの数字に関連する英語」ですが、「double」という「何かの分量(数量)が二倍であること・同じものが二つあること」を意味していて、「dual」のほうは「異なるものが二つあること・二重になっていること」を意味している違いを指摘できます。

例えば、コーヒーの量が二倍である場合は、“double coffee”とはいいますが、“dual coffee”とはいわないのです。

また“dual aspect”(二重の側面)とはいっても、“double aspect”とはいいません。

まとめ

「double」「dual」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「double」とは「何かの量が二倍であること・同じものが二つあること」を意味していて、「dual」「異なるものが二つあること・二重になっているさま」を意味している違いがあります。

「double」「dual」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典