スポンサーリンク

「gafa会長」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「gafa会長」とは意味新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「gafa会長」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「gafa会長」の意味

Google・Amazon・Facebook・Appleという世界的な大手IT企業をとりまとめているとされる架空企業の会長。

「gafa会長」の解説

「gafa会長」というのは「Google・Amazon・Facebook・Appleという世界トップレベルの大手IT企業をまとめているとされる実在しない会長」のことですが、ウェブ上では「その架空の超大企業の会長から個人面談を受けたというネタ」の意味合いがあります。

「gafa会長」「GAFA」とは「Google・Amazon・Facebook・Appleの頭文字を取った総称」ですが、これら世界有数の大手企業を統率している超大企業GAFAは実在しません。

しかし、Twitterで怪しげなメンタルコーチが「凡人でも時短で楽に成果を出す働き方・本業以外での貴重な体験」の一つとして、「GAFA会長に個人面談」を挙げたため、あからさまな「虚偽の情報」としてネタ化したのです。

「gafa会長」の使われ方

「gafa会長」は、「世の中に実在しない超大企業GAFAの架空の会長」「想像上の超大企業であるGAFAの会長を用いたウェブ上のネタ」として使われています。

「gafa会長」が現実の世界に実在しないことは明らかなのですが、「gafa会長と個人面談した・gafa会長からヘッドハンティングされた・gafa会長とランチミーティングした・gafa会長がアメリカ大統領を操縦している」などの明らかに虚偽・虚構と分かるネタとして使われているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典