「Internet Explorer(IE)」と「Microsoft Edge」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「Internet Explorer(IE)」と「Microsoft Edge」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「Internet Explorer(IE)」「Microsoft Edge」の違いを分かりやすく説明していきます。

「Internet Explorer(IE)」とは?

「Internet Explorer(IE)」の意味と概要について紹介します。

「Internet Explorer」の意味

「Internet Explorer」とは、マイクロソフト社が開発たウェブブラウザのこと、2029年でサポート終了の予定で、「Microsoft Edge」が後継となります。

「Internet Explorer」の概要

「Internet Explorer(IE)」は、マイクロソフト社が開発したウェブブラウザで、Windowsの標準搭載として長い間利用されていました。

マイクロソフト社では、Windows10より「Microsoft Edge」を標準搭載として、2029年には「Internet Explorer」のサポートを終了します。

「Internet Explorer」はシンプルなデザインと使い心地が特徴でしたが、アドレスバーが小さくてみえにくいとも言われていました。

また、当初はパソコンで使用することが多かったので、アイコンやボタンが立体的に表示されていました。

「Microsoft Edge」とは?

「Microsoft Edge」の意味と概要について紹介します。

「Microsoft Edge」の意味

「Microsoft Edge」は、マイクロソフト社が開発したウェブブラウザで、Windows10から標準搭載されています。

「Microsoft Edge」の概要

「Microsoft Edge」は、2019年にサポートを終了する「Internet Explorer」の後継となるウェブブラウザです。

最も大きな特徴は、Windows10で見易い様に「フラットデザイン」になっているという点です。

これは、ボタンやアイコンを平面的なデザインにすることで、はっきりと見えやすく、タッチパネルでも確実に操作できる様になるのです。

また、アドレスバーが大きくなり、見易いのも特徴です。

「Internet Explorer(IE)」と「Microsoft Edge」の違い!

「Internet Explorer(IE)」は、「2019年にサポートを終了するマイクロソフト社のウェブブラウザ」です。

「Microsoft Edge」は、「Internet Explorerに代わるマイクロソフト社のウェブブラウザ」です。

まとめ

今回は「Internet Explorer」「Microsoft Edge」の違いをお伝えしました。

「Internet Explorerは旧型ブラウザ」「Microsoft Edgeは新型ブラウザ」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典