スポンサーリンク

「jungle」と「forest」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「jungle」と「forest」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「jungle」「forest」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「jungle」とは?

日本語に訳すと、ジャングルです。

厳密にいうと、熱帯地方の原始林のことです。

日本にジャングルは存在しませんが、言葉としては深く浸透しています。

なぜ日本には存在しないかというと、「jungle」が生まれるためには熱帯地方など気候的条件が欠かせないからです。

イメージ的には、湿気の多い蒸し暑い場所に木々が密生している状態です。

「forest」とは?

日本語では、森になります。

広範囲に木がたくさん生い茂っているところが「forest」です。

ただし、ただ木が多いだけではなく自然のままの状態でなければなりません。

人工的に植えられた木々が立ち並ぶのは、「forest」ではなく林です。

リフレッシュしたいときに好まれる森林浴ができる場所は、森に遊歩道を整備してあるレジャースポットであるために、純粋な「forest」ではありません。

「jungle」と「forest」の違い

「forest」は気候的に植物に適した土地であれば、日本だけではなく世界中に存在します。

一方の「jungle」は、限られた気候下でしか存在しません。

熱帯という条件が必須です。

また、木々の多さでは同じですが、気候が異なるために「jungle」「forest」では生えている植物も生息している動物も異なっています。

まとめ

人間が生きていくうえで欠かせない酸素は、主に植物の光合成によってつくりだされているわけですが、その意味でも「jungle」「forest」の存在はとても重要であると言えます。

「jungle」「forest」は、ともに不要な造成を避け、後世に残すべき大切なものなのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典