スポンサーリンク

「sccm」と「wsus」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「sccm」と「wsus」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「sccm」「wsus」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「sccm」とは?

「sccm」は、ystem Center Configuration Manageの略称で、簡単に言えば、コンピューターのソフトウェアを多数動作させる際に監視を行うシステム管理専門のソフトウェアでwindowsやマックOSにLinuxにUNIX等のOSで使用できるソフトウェアです。

このソフトウェアを用いることで、一つのパソコンで同時に複数のソフトウェアを動かすことが可能となります。

「sccm」の使い方

「sccm」は意識することなく使用できるシステム管理のソフトウェアで言ってしまえば、windowsやマックOSにLinuxにUNIX等のOSなどを立ち上げれば自動で機能するため、使うということを意識することなく勝手にOSが入っている端末側がこの機能を使用します。

ですので、「sccm」は自分で意識することなく勝手に機能しますが、重要と思える部分においては、windowsやマックOSにLinuxにUNIX等のマルチタスクでパソコンを動作可能なものでないと「sccm」は機能しません。

「wsus」とは?

「wsus」は、Windows Server Update Serviceの略称で、Windowsのアップデートを行うサーバーにアクセスするサービスプログラムです。

このサービスプログラムの特徴は、機能拡張や、インターネット接続による、不具合の習性を可能としたプログラムであり、マイクロソフト側のサーバーにアクセスすることで無償で受けられるサービスになります。

「wsus」の使い方

「wsus」はマイクロソフトが販売するOSのアップデートを行うために使用します。

アップデート自体はパソコンをネット接続すれば自動で行う上、手動で自らアップデートを行うことも可能です。

「sccm」と「wsus」の違い

「sccm」「wsus」の違いは、OS事態に元から備え付けてあるコンピューターのアプリを複数動作可能とするソフトウェアであるか、別枠のサーバーにアクセスすることで機能を拡張させたり、不具合を修正するプログラムであるかという点です。

「wsus」には、アップデートという概念があり、別のサーバーを通ることで機能が得られますが、「sccm」はそのコンピューターが元から所有している機能でありアップデートにより不具合などは修正されますが、実は、アップデートのパッチを適応させる際に働く部位であるため、原則としては、自らは機能を変更できず、「wsus」の機能を借りないと機能修正すらできません。

しかし、「sccm」は元からある機能であるが故、元々の完成度が高い情報処理システムです。

まとめ

「sccm」と、「wsus」の違いは、元からあるシステムであるが、そうではないかにあり、「sccm」は元から備え付けてある機能で、「wsus」のアップデートデータを適応させるだけの機能を備えており、いわば中心システムです。

ですが、「wsus」は別に中心のプログラムではなく、別に不具合を良しとした場合、OSは動作しますので実は、メインのシステムではないです。

その為、「sccm」のシステムがダウンすれば、パソコンは多数の機能を一度に使用できなくなり機能が低下しますが、「wsus」のプログラムシステムがダウンしても、アップデートできないだけで恐らくよほどのことが無い限り、直ちにパソコンが使えなくなるくらい機能低下することはないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典