スポンサーリンク

「tosツイ」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「tosツイ」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Twitterを眺めていると、知らない単語が出てくることもあります。

この記事では、「tosツイ」の意味を分かりやすく説明していきます。

知り合いに聞けない言葉を、サクッと学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「tosツイ」とは?意味

tosツイ(とすつい)とは、タイムラインに表示されない、極秘の呟きのこと。

大っぴらにしたくないとき、こっそり呟きたいときに用いる、Twitterの隠れワザです。

tosが「トス」と読めるので「@tos」を付けたコメントを、トスツイート。

つまり「tosツイ」と呼んでいます。

Twitter社が「tosツイをしてくださいね」とおすすめしている訳ではないので、あくまでこちらは非公式の機能。

ユーザーの間で自然と広まった、極秘のツールになります。

「tosツイ」「tos」は、Twitter社のシステムに組み込まれているコードのひとつです。

これを付けると、通常のツイートではないと認識されて、タイムラインにコメントが載らないようになっています。

この技術を応用したものが「tosツイ」です。

「tosツイ」の概要

「tosツイ」をうまくTwitterに取り入れていくと、親しい人のみ、コメントを見てもらうこともできます。

タイムラインにすべて公開されてしまうのが嫌だというときに、使えるやり方です。

「tosツイ」をおこなう方法は、とっても簡単です。

送りたいメッセージの冒頭部分に「@tos」と入れるだけ。

あとは通常と同じように、好きなコメントを打っていきます。

たとえば新作の映画を観たとき。

「@tos バイト帰りに、映画を観てきたよ。

ネタバレになるけど~」
と書き込みます。

この機能をうまく使えば、自分のタイムラインに「tosツイ」は表示されますが、周りのタイムラインに「tosツイ」は流れなくなります。

「tosツイ」の言葉の使い方や使われ方

「tosツイ」はこのように用います。

「@tos コンサート観てきたよ!面白かった!」
「@tos 雑談してくれる人、大募集です」
「@tos 疲れた~。ビール飲みながら、星空観賞してるよ~」
「tosツイ」は気軽に呟きたいとき、仲間を募集しているとき、ダイレクトメールに送るまでもないコメントを呟きたいときに利用します。

ただ「tosツイ」には注意点も。

検索機能をかければ、送ったコメントは見えてしまいます。

完全なる非公開にはならないので、うっかり個人情報をアップしないように、気を付けておきましょう。

「tosツイ」の類語や言いかえ

「tosツイ」はこのように、置きかえできます。

・トスツイ
・アットトス
・トス
いずれも「tosツイ」と同じ意味合いで使えます。

まとめ

「tosツイ」の意味や使い方をチェックしました。

「tosツイ」はTwitter社のシステムを応用した、タイムライン非表示の裏ワザです。

見せたくないコメントをアップしたいときに、使えます。

使用方法はコメントの冒頭部分に「@tos」を付けるだけ。

他のユーザーがリツイートすると、タイムラインに流れてしまう弱点もあるので、個人情報につながるものをアップしないよう気を付けておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典