スポンサーリンク

ジュースの「濃縮還元」と「ストレート」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「濃縮還元」と「ストレート」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ジュースの「濃縮還元」「ストレート」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

ジュースの「濃縮還元」とは?

ジュースの「濃縮還元」とは、野菜や果物をそのまますり潰して果汁の水分を飛ばし、5~6倍に濃縮させペースト状になったものを冷凍保存し、商品としてボトルに詰める際にペーストに再び水分を加えて、還元し作られる飲み物です。

「濃縮還元」で作られた飲み物は、微生物の繁殖が抑えられ、長期間の保存が可能となります。

また保管の際に通常の5倍程度に濃縮されるために、スペースを取りません。

また現地で濃縮した状態で輸入すれば、より多くの果物を運べ低コストに繋がります。

長期保存が可能なため、1年を通して変わらない味で濃厚なジュースを飲めるという事です。

「濃縮還元」でのジュースは熱を加えているため、酵素やビタミンC、食物繊維と言った栄養素は失われがちで、ペーストに水を加えて還元する際に砂糖を加えるため、糖分が高めになります。

ジュースの「ストレート」とは?

ジュースの「ストレート」とは、新鮮な果物を絞り、その果実を低温で保存、それを容器に詰めて出荷され、販売される飲み物です。

「ストレート」のジュースは、熱を加えていないために、酵素やビタミンCなどの栄養素はそのまま残ります。

そのため、様々な果物の「ストレート」タイプのジュースが存在していて、それぞれの果物特融の栄養素が含まれている為、目的によってジュースを選択できます。

料金については少し割高になる場合が多くなっています。

ジュースの「濃縮還元」と「ストレート」の違い

ジュースの「濃縮還元」「ストレート」はその製法に大きな違いがあります。

「濃縮還元」は果汁をすり潰して水分を飛ばして5倍程度に濃縮させたペーストを、商品としてボトルに入れる際に還元するという製法で長期保存が可能になる飲み物になります。

対して「ストレート」は果汁をそのまま絞っているので、栄養素が豊富でアンチエイジング効果も抜群となっていますが、値段については「濃縮還元」タイプより倍程度する場合もあります。

まとめ

ジュースの「濃縮還元」タイプは、果汁を濃縮させているため、長期保存に適しており、低コストで多くの量を運べるため、値段も安くおいしいジュースが飲めるようになっています。

対して「ストレート」タイプは、果実をそのまま絞っているため、酵素やビタミンなどの栄養素が豊富で様々な美容効果も期待できる飲み物です。

人によっては非常に味が濃く感じてしまうので好みは分かれるかもしれませんが、栄養効果は抜群となっています。

普段「濃縮還元」タイプのジュースを多く飲んでいる方は、「ストレート」タイプの味の違いにとても驚くでしょう。

もちろん「濃縮還元」タイプのジュースも、外国産のフルーツを日本でも気軽に飲めますので、どちらのタイプの味が好みか飲み比べてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典