スポンサーリンク

ダンスや筋トレでの「アイソレーション」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アイソレーション」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アイソレーション」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アイソレーション」とは?意味

「アイソレーション」とは、ダンスや筋トレに用いる手段をさす言葉で、特定の部位だけを動かすことで成立する筋トレのことをさします。

ダンスは、体のバランスを重要視したものが多く存在していて、それぞれ、体の特定の部位だけを動かすことで普段使用しない筋肉を使用することでバランスを養うという考えがあります。

バランス感覚を養うために、腕や手首の身を動かすダンスを取り入れ、ダンスの上達を図る手段を「アイソレーション」と呼ぶのです。

「アイソレーション」の概要

「アイソレーション」という特定の部位だけを動かし、上達を図るという練習方法は、ダンスのほかにも筋力トレーニングや柔術などで利用されている訓練法です。

例えば、合気道などは、普段日常生活で使用しない部位の筋肉を意図的に動かすことで通常の生活ではありえない方向に意図的に襲い掛かってきた人物の腕を捻じ曲げることができるのです。

このとき、腕を捻じ曲げられた側は、普段と全く異なる方向に腕が曲がっているが故激しい痛みを覚えますがこれらは、合気道という護身術が「アイソレーション」という特定の部位だけを動かす訓練による賜物です。

ダンスも同様に、特定の部位の筋肉を使用することでダンスの動きにキレを見せたり、ありえない動作を可能とします。

「アイソレーション」の言葉の使い方や使われ方

「アイソレーション」という言葉の使われ方ですが、訓練をさす言葉として使用されることが主です。

ダンスであれば、ダンスの訓練法のことをさす言葉として使用され、護身術であれば護身術で使用する際に使用される可動域をさします。

また、独立してその部位だけを動かすことも「アイソレーション」と言いますので特定の部位だけを意図的に動かす行為も「アイソレーション」という言葉を使用します。

「アイソレーション」の類語や言いかえ

「アイソレーション」の類語や言いかえは、「独立運動」という言いかえや類語があり、独立してその部位だけを運動させるという言葉が言い換え及び類語に当たります。

まとめ

「アイソレーション」という言葉は、本来、独立したという意味で、何をもって独立したとするかが重要になります。

ダンスであれば、独立してその部位だけを動かすことが重要なダンスの上達法になるため、「アイソレーション」という言葉はダンスにおいては特定部位だけを動かす訓練になるのです。

この訓練を行う理由は、特定部位の筋肉を高めることで運動機能を高めることにあり、そのダンスがどこの部位の筋肉をいかに使用しているかが運動機能を高めてまでダンスをしようとする行為につながります。

これらは、いかにダンスをきれいに見せたり、よく見せたりしようとすることを表し、「アイソレーション」とはダンスにおいては、自己のダンスをよく見せるための特訓の一つです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典