スポンサーリンク

三角形の「合同」と「相似」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
三角形の「合同」と「相似」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

中学校の数学の授業に出てくるのが「合同」「相似」です。

この記事では、「合同」「相似」の違いを分かりやすく説明していきます。

苦手を今のうちに、つぶしておきましょう。

スポンサーリンク

「合同」とは?

合同とは、2つの図形がぴったり重なり合うこと。

「合同の三角形があります」と書いてあったら、まったく同じ三角形が2つあることです。

合同と書くと頭が混乱してしまうのですが「ひとつの図形を丸ごとコピーしたもの」が合同です。

合同すなわち、コピーと覚えても間違いないです。

ただコピーしたかどうか、つまり合同かどうかは目で見ただけでは分かりません。

基準がないと「2つの図形は合同である」と言い切れないので、合同になるためには幾つかの条件が与えられています。

三角形の合同条件を考えると、まずひとつ目は「3組の辺の長さがそれぞれ等しい」

ふたつ目は「2組の辺と、その間の角が等しい」

そして最後が「1組の辺と、その両端の角が等しい」になります。

このどれかがクリアすれば、2つの三角形は晴れて「合同」といえます。

「相似」とは?

相似(そうじ)とは2つの図形同士が、それぞれ拡大または縮小している関係のこと。

「2つの三角形は相似です」というと、比率を変えた大と小の三角形があるということ。

どちらかの図形をハサミで切り取って、丸ごと拡大コピーもしくは縮小コピーしたものが「相似」になります。

また相似と断言するには、ある条件に当てはまることが必須。

見ただけで「形が似ていること」は相似とはいわないからです。

三角形の相似の条件には、次の3つがあります。

ひとつ目は「2組の角が等しい」こと。

ふたつ目は「2組の辺の比と、その間の角が等しい」こと。

最後は「3組の辺の比がすべて等しい」ことがあります。

この3つの条件がどれか当てはまれば「三角形は相似である」と言い切れます。

頭の中で想像すると混乱してしまうので、それぞれの条件がどういうシーンを表しているのか、具体的にイラストを描いて覚えると分かりやすいです。

「合同」と「相似」の違い

どちらも証明の問題で頻繁に出されるので、苦手意識をもちやすい項目です。

「合同」「相似」の違いを、分かりやすく解説します。

・まったく同じ、比率が同じ
合同と相似は紛らわしいですが、1度しっかり頭に叩き込んでしまえば、それほど難しいものではありません。

合同とは「完全なコピーのこと」

ハサミでどちらかの図形を切り取り、もうひとつの図形にかさね合わせたら、しっかり重なることです。

また相似は「拡大または縮小」された図形のこと。

同じ比率で大きく伸ばす、または小さくすることを指します。

3つの辺の比率が、すべて同じなのが相似です。

まとめ

「合同」「相似」の違いを、くわしく解説しました。

合同は「≡」の記号であらわされるもの。

比べたい図形を、丸ごとコピーした図形のことです。

対して相似は「∽」の記号であらわされるもの。

比べたい図形を拡大または縮小した、比率が同じ図形のことです。

くわしく知ればとても簡単な単元なので、たのしく学習していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典