不動産の「サブリース」と「空室保証」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「サブリース」と「空室保証」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、不動産の「サブリース」「空室保証」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「サブリース」とは?

「サブリース」とは、「不動産管理会社がオーナーの賃貸物件を一括借り上げして、入居者に転貸することでオーナーに家賃収入を保証する仕組み」を意味しています。

「サブリース」では、おおむね通常の家賃の約7~9割がオーナーに支払われますが、オーナーは入居者の募集・管理をしなくて良いメリットもあります。

ただし「サブリース」は永年保証のサービスではなく、数年に一度は条件の見直しが行われ、入居率が低すぎる物件はサブリースできない場合もあります。

「空室保証」とは?

「空室保証(くうしつほしょう)」とは、「保証会社に対してあらかじめ保証料を支払っておくと、空室あるいは家賃滞納があった時に保証会社が家賃を立て替えて支払ってくれる保険の仕組み」を意味しています。

「空室保証」というのは「空室の発生時(家賃滞納の発生時)に備えた損害補填の保険」であり、「サブリースのようにあらかじめ不動産会社が一括借り上げして決まった賃料を支払ってくれる仕組み」とは異なっています。

「サブリース」と「空室保証」の違い!

不動産の「サブリース」「空室保証」の違いを、分かりやすく解説します。

「サブリース」「空室保証」はどちらも「オーナーに対して賃貸物件の一定の家賃収入を保証する仕組み」ですが、「サブリース」というのは「不動産会社による賃貸物件の一括借り上げによる7~9割程度の家賃保証」を意味しています。

「サブリース」に対して「空室保証」のほうは、「空室や家賃滞納に備えてあらかじめ保険料を支払っておく仕組み(空室・家賃滞納があると保険金で補填される仕組み)」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

不動産の「サブリース」「空室保証」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「サブリース」とは「不動産会社が賃貸物件を一括借り上げして、入居者に転貸してオーナーに家賃収入を保証する仕組み」を意味していて、「空室保証」「先に保証料を支払っておくと、空室や家賃滞納があった時に保証会社が家賃を支払ってくれる保険の仕組み」を意味している違いがあります。

不動産の「サブリース」「空室保証」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典