スポンサーリンク

恋愛における「焦らす」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
恋愛における「焦らす」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、恋愛における「焦らす」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「焦らす」とは?意味

「じ(らす)」と読みます。

焦らすとは、相手がどのようなことを望んでいるのか分かっているにも関わらず、敢えて知らぬふりをすることを意味します。

相手は、自分の思うとおりに事が進まないことでフラストレーションに陥るのですが、そのことに気が付きながらも対処しない行為のことです。

つまり、恋愛における焦らすとは恋の駆け引きのことを表す言葉なのです。

「焦らす」の概要

世の中には相手の望み通りに好意を素直に示すことを良しとせず、相手が焦ったりしょんぼりしたりする様を観察し、「自分のことで一喜一憂している」と感じることを楽しみ、喜ぶ人がいます。

小悪魔やツンデレと呼ばれている人たちのことです。

このような人たちは、恋愛マウントをしなければ気が済まない性質なのです。

つまり、一般的に恋愛中はお互い対等であるはずなのですが、どうしても優位な立場でいたいと拘ってしまいます。

「私が想う気持ちよりも、相手が私を想う気持ちのほうが強い」と思い込みたいわけです。

そのため、「私はあなたのことをさほど好きではないけれど、そんなにも私のことを好きなら気持ちに応えることはやぶさかではない」という姿勢を貫きます。

傍から見ると、単に素直な気持ちを表現できない厄介な人なのですが、本人たちにしてみると「誰かに惚れられている自分」という思い込みがプライドになっています。

「焦らす」の言葉の使い方や使われ方

既に恋人同士になっていると焦らすことは少なくなるのが一般的です。

稀に、倦怠期に突入してしまった場合、焦らすことで久しぶりの高揚感がお互いの気持ちをリフレッシュしてくれることもあります。

一方、まだカップルになっていない状態では焦らすことで自分の存在を強く意識させるテクニックが功を奏すことも。

『単に好きと伝えるよりも、ときには距離を置いて焦らすことも必要』 心を弄ぶ意味合いも含むため、相手へ直接的に伝える言葉としては不適切です。

「焦らす」の類語や言いかえ

相手の気持ちを理解していながら、焦らす行為は「お預け」「弄(もてあそ)ぶ」とも言えます。

例えば、ギュッと抱擁したいのにさせてくれない様子はまさにお預け状態です。

また、気付いているのに気付いていない初心なふりをするという意味では、小賢しくもある「あざとい」という言葉が当てはまります。

まとめ

恋愛模様は一筋縄とはいきません。

想われるばかりが幸せとは限らず、想うばかりでも報われません。

また、平穏な恋も倦怠という言葉に言いかえてしまうと冷めた気持ちになってしまいます。

つまり、恋愛における焦らす行為は、お互いのマンネリ化した気持ちを刺激するエッセンス。

また、恋心を募らす結果をもたらします。

焦らし、焦らされる相手がいるということは、幸せの渦中にいるということなのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典