手先が「器用な人」と「不器用な人」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「器用な人」と「不器用な人」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、手先が「器用な人」「不器用な人」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

手先が「器用な人」とは?

手先が「器用な人」の意味と使い方について紹介します。

手先が「器用な人」の意味

手先が「器用な人」「きようなひと」と読みます。

意味は「手を使って作業するのに優れていて、物作りに向いている人」です。

手先が「器用な人」の使い方

手先が「器用な人」は、手を使ってする作業が得意で、細かいことでも他の人より早く、しかも上手に仕上げられます。

自分の思った通りに指先が動かせるので、細かい作業や工芸、工作などを思い通りに作り上げられるのです。

手先が「器用」なのは、「脳からの伝達がスムーズに手に伝わる」「動体視力に優れている」「勘が良い」「集中力がある」などの理由が考えられます。

手先が「不器用な人」とは?

手先が「不器用な人」の意味と使い方について紹介します。

「不器用な人」の意味

手先が「不器用な人」は、「ぶきようなひと」と読みます。

意味は「手を使う作業が苦手で、物作りに向いていない人」です。

「不器用な人」の使い方

手先が「不器用な人」は、手を使ってする作業が苦手で、自分で思った通りに仕上げられない人のことを言います。

特に細かい作業ができずに、目標とする形やお手本とは全く違う形に仕上がってしまうこともあります。

手先が「不器用」なのは、「脳の伝達がスムーズにいかない」「手が大きすぎる」「集中力がない」「大雑把な性格」などの理由が考えられます。

手先が「器用な人」と「不器用な人」の違い!

「器用な人」「手を使って作業するのに優れていて、物作りに向いている人」です。

「不器用な人」「手を使う作業が苦手で、物作りに向いていない人」です。

まとめ

今回は手先が「器用な人」「不器用な人」の違いをお伝えしました。

手先が「器用な人は指先が精密に動かせる」「不器用な人は指先が細かく動かせない」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典