スポンサーリンク

「リース」と「サブスク」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リース」と「サブスク」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近は商品の購入や利用の仕方を選択するようになってきましたが、特に人気がるのものとしては「リース」「サブスク」があります。

この記事では、「リース」「サブスク」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「リース」とは?

「リース」は主に長期間商品を貸し出すものとなっており、個人向けのものから企業向けのものまで色々なサービスがあります。

「リース」商品は企業向けの商品やサービスが多く、高額になるために貸し出す方式にして月額の負担を安くする仕組みになっています。

似たような言葉としては「レンタル」がありますが、こちらは短期間商品を貸し出すサービスとなっており、こちらはビデオレンタルやDVDレンタルなど個人向けのサービスがメインとなっています。

また「リース」のサービスには契約期間が終了し料金を支払った後に、その商品を払い下げという形で安価に購入できるサービスもあります。

「リース」のサービスは基本的に所有権はリース会社にありますが、保守やメンテナンスに関しては借りた側が義務を負う点には注意しましょう。

長期間の契約であるために基本的に途中で契約を破棄することはできないことが多いのも特徴です。

「サブスク」とは?

「サブスク」はサブスクリプションサービスの略称であり、月額料金を支払って定額でサービスを受ける仕組みを示します。

元々は雑誌や本の予約購読や年間購読という意味だったのですが、最近では必要な時に物を自由に借りるサービスや、定額で色々なサービスを使い放題という内容になりました。

「サブスク」はここ最近だと色々なジャンルや種類のサービスを展開しており、物理的な商品の使い放題や借り放題だけではなく、デジタルコンテンツの使い放題というサービスも人気になってきています。

「リース」と「サブスク」の違い

「リース」は主に物理的な商品を長期的に借りる際に使います。

「サブスク」は物理的な商品だけではなくデジタルのサービスを一定金額支払い、その期間中は使い放題になるというサービスを示す時に使います。

最近では「リース」のサービスでも「サブスク」のように色々な種類の商品を選べるものが増えてきました。

車のカーリースとサブスクのサービスはどちらも複数ある車から自分の好きなものを選んで、月額一定の料金を支払って乗ることが可能です。

「リース」の例文

・『オフィス商品のリース契約が間もなく切れるので、再契約するかどうかの会議することになった』
・『カーリースは色々な車に乗れるので、新車を購入する際の下調べにもなる』

「サブスク」の例文

・『動画のサブスクはあまりにも作品数が多いので、非常にお得なのだ』
・『音楽配信のサブスクは自分が知らなかったものをレコメンドしてくれるので、未知の出会いがあるのが良いですね』

まとめ

「リース」は企業などで高額な商品を安価で借りるサービスであり、「サブスク」は色々な商品やサービスを定額で使い放題なサービスであり、どちらも有効に使うととてもお得になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典