意味解説辞典の編集部

新語・ネット用語

「花金」とは?意味や使い方を解説

「花金」 花金という言葉は「はなきん」と読み、「花の金曜日」という意味になります。 週休2日制が導入されたことにより、土曜日と日曜日が休みになる企業が増えました。 そのため休日前の金曜日に遊びまわるという風潮ができ...
意味と使い方

「雅味」とは?意味や使い方を解説

「雅味」 「雅味」は「がみ」と読みます。 普段の会話では中々使われない言葉で、直接文字を見ないと意味が通じにくい言葉です。 「雅味」の意味 「雅味」の意味と語源について紹介します。 ...
意味と使い方

「元嫁」とは?意味や使い方を解説

「元嫁」 元嫁というのは最近では元妻と同じような意味合いで使われることが多く、配偶者だった女性を指す場合がほとんどです。 「元」という表現は「以前の」という意味ですから、以前の嫁、ということになるのです。 ...
意味と使い方

「所業」とは?意味や使い方を解説

「所業」 この所業(しょぎょう)は、簡単に言ってしまうと「行い(行ったこと)」を表す言葉です。 それ以外の意味はなく、特に難しい使い方もしませんが、「行い」と言っても、「悪い行い」の方に特化して使われます。 つまり...
意味と使い方

「絶句」とは?意味や使い方を解説

「絶句」 絶句は「ぜっく」と読み、漢詩の形式の1つである場合と途中で言葉に詰まる事の意味があります。 誰もが中学や高校で起承転結の四句から成る絶句を勉強しますよね。 同時に、それとは全く関係なく、セリフを忘れてしま...
意味と使い方

「存続」とは?意味や使い方を解説

「存続」 存続は「そんぞく」と読み、引き続き存在すること、引き続き残しておくこと、という意味を指しています。 例えば「鉄道の路線をそのまま存続する」などということもありますし、「古い習慣がいまだに存続している」などと...
意味と使い方

「直電」とは?意味や使い方を解説

「直電」 電話を掛けるとき、昔は固定電話でしたが今はスマートフォンやiPhoneなどが普及したことで固定電話の利用率も少なくなりつつあります。 そのためいつでも気軽に電話できるようになった現代ですが、「直電」という言...
意味と使い方

「泥縄」とは?意味や使い方を解説

「泥縄」とは 「どろなわ」と読み、「泥棒を捕らえて縄を綯(な)う」を略した言葉です。 このように何かの行為を表す文章やことわざを略して名詞のようにした例は他にもあり、「やぶへび(藪を突いて蛇を出す)」「たなぼた(棚か...
意味と使い方

「同情」とは?意味や使い方を解説

「同情」 「同情」は「どうじょう」と読みます。 この言葉を見て、その昔、「同情するなら金をくれ」というドラマのセリフが流行したことを思い出す人もいるのではないでしょうか。 この言葉は、日常的な会話にも文章にもよく登...
意味と使い方

「摯実」とは?意味や使い方を解説

「摯実」 この「摯実」は難しい言葉なので、それほど見聞きすることはないでしょう。 同様の意味のある言葉も多いので、わざわざこの言葉で表現することもなく、それが滅多に使われない理由となっています。 しかし、遭えてこの...