意味と使い方

スポンサーリンク
意味と使い方

「俎上の魚」とは?意味や使い方を解説

「俎上の魚」とは? 「俎上の魚」という言葉を知っているでしょうか。 「俎上の魚」は「そじょうのうお」と読む言葉で、一般的に知られている言葉ではないため、知らない人の方が多いかもしれません。 しかし、「まな板の上の鯉...
意味と使い方

「一目置く」とは?意味や使い方を解説

「一目置く」とは? 「一目置く」という言葉を聞いた事があるでしょうか。 「一目置く」は「いちもくおく」と読み、「ひとめおく」「いちめおく」などとは読みませんので、これを機会に覚えておきましょう。 「一目置く」は、「...
意味と使い方

「許します」とは?意味や使い方を解説

「許します」 許しますというのはサ行5段活用の動詞、「許す」の連用形である「許し」に対して丁寧の助動詞、「ます」をつけた形になります。 つまり、許しますという表現は許すという表現と同じ意味であるということになるのです...
スポンサーリンク
意味と使い方

「絶体絶命」とは?意味や使い方を解説

「絶体絶命」とは? 「絶体絶命のピンチ」などのフレーズを耳にした事があるかもしれません。 「絶体絶命」は「ぜったいぜつめい」と読み、先述したようなピンチの場面などで良く登場する言葉です。 すでに、「絶体絶命」と言え...
意味と使い方

「ペテン師」とは?意味や使い方を解説

「ペテン師」 ペテン師という表現は騙すのに巧みな人、つまり詐欺師のことを指しています。 ペテン師のペテンという表現は中国語から来たものであり、中国語のbengziが鈍ったものだと言われています。 ペテン師とは人をう...
意味と使い方

「愛想笑い」とは?意味や使い方を解説

「愛想笑い」 愛想笑いというのは「あいそわらい」と読みます。 お世辞の笑い、人の機嫌を取るための話題と言われており、愛想というのはにこやかで人付き合いの良いこと、人に寄せる愛情や行為を指しています。 つまり、人付き...
意味と使い方

「苛まれる」とは?意味や使い方を解説

「苛まれる」 苛まれるというのは「苛まれる」と読み、苦しめられることや激しく咎められることをさしています。 マ行5段活用の動詞である「苛む」の未然形である「苛ま」に、受け身、尊敬、自発、可能の助動詞である「れる」がつ...
意味と使い方

「見とれる」とは?意味や使い方を解説

「見とれる」 日常の中で普段とは違うものや驚くことがあるとつい見つめてしまうときがあります。 その中でも何かに惹かれたり、我を忘れてしまうときに見とれることもあります。 「見とれる」という状態はだれにでも起こりえる...
意味と使い方

「後の祭り」とは?意味や使い方を解説

「後の祭り」 この「後の祭り」とは、何かのお祭りのことではなく、「今更どうしようもない」という意味で使う言葉です。 その為、使わないに越したことはありません。 ですが、そのような状態を表すには適した言葉だということ...
意味と使い方

「諸行無常」とは?意味や使い方を解説

「諸行無常」 諸行無常というのは仏教用語であり、「しょぎょうむじょう」と読みます。 この世に存在するすべてのものは姿も本質も常に変わっていくものであり、たとえ一瞬であったとしても同一性を保つ事は無い、という意味を指し...
スポンサーリンク